中耳炎についてのまとめ

蜂の子サプリメント

中耳炎とは、風邪をきっかけにして起こる病気です。

 

耳と鼻は耳管という部分でつながっており、中耳という部分に鼓膜があります。

 

風邪をひくと、鼻の奥から中耳に細菌が入り、膿がたまるが中耳炎です。

 

子どもが罹患することの多い病気で、風邪になるたびに中耳炎になるお子さんもいます。

 

その理由として、耳管の太さがあります。

 

大人になると耳管が狭いので、細菌も入り込みにくいですが、子供のうちは耳管が広く細菌が入りやすいため、リスクが高くなります。

 

中耳炎の症状として、耳が痛くなる、中耳の膿がいっぱいになると耳から液体が流れ出る耳垂れ、発熱が多くなり、耳の聞こえが悪くなります。

 

また、言葉を喋れない年端もいかない幼児では、耳を触ろうとしたり、急に泣き出す、むずがるといった行動を取りますので、注意して様子を見ましょう。

 

治療方法としては、痛みを止めるための鎮痛薬の処方、耳垂れが出た場合は膿を吸い取ります。

 

また、耳が腫れたり高熱が出ている場合は抗生物質を処方されることもあります。

 

早ければ1ヶ月ほどで中耳の膿がなくなり、遅い場合だと2ヶ月〜3ヶ月で治りますが、油断をすると再発するので注意が必要です。

 

治療を受ける場合には、最寄りの耳鼻科で診察を受けましょう。

 

また、しっかりと膿が抜けるまできっちり通ってください。

 

なんとなく改善した、前より状態が良くなったと思っても、感知しない限りはしつこく再発する傾向があります。

 

急性中耳炎と滲出性中耳炎がありますが、急性は症状を感じた時点の病名で、滲出性は治療が進んだときに呼ばれる病名です。

中耳炎に蜂の子サプリがおすすめ

蜂の子サプリ

中耳炎は、風邪をきっかけにして起こり、子どもが罹患することが多い耳の病気です。子供のうちは耳管が広く細菌が入りやすいためで、大人になると耳管が狭くなり、細菌も入り込みにくくなり罹患するリスクが下がります。

 

風邪をひくと、鼻の奥から中耳に細菌が入り込み、膿がたまり、悪化すると液体が流れ出る耳垂れや発熱、耳に痛みなどの症状が現れ、聞こえにくくなります。

 

中耳炎の治療方法としては、痛みを止めるための鎮痛薬を服用することです。

 

薬以外で効果的なものに、蜂の子サプリメントがあります。

 

蜂の子には、炭水化物や脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素がバランスよく含まれています。また、アミノ酸も含まれていますので、自律神経を調整するセロトニンを作り出し、自律神経の乱れによる耳鳴りや中耳炎に効果を発揮します。

 

さらに、聴力の改善に関連があるとされる、亜鉛やマグネシウム、ストレスの軽減に効果的なカルシウムなどのミネラルも豊富です。疲労回復に効果があるビタミンB群など、ビタミン類も多く含まれている蜂の子は、中耳炎などの耳の疾患だけではなく全身に効能が及ぶ完全栄養食であると言えます。

 

この蜂の子を手軽に取ることができるのが、蜂の子サプリメントです。

 

耳の病気になったときに、蜂の子サプリメントを飲み続けるのはもちろん、健康維持のために毎日飲み続けるのもおすすめです。