内耳炎の症状

蜂の子サプリメント

内耳炎とは、内耳に炎症が起こり、様々な症状を呈する状態を言います。

 

耳は主に外耳、中耳、内耳に分かれます。内耳には平衡感覚を司る三半規管のある前庭器官や音の振動を脳神経に神経に伝える器官である蝸牛などがある場所で、耳の中で最奥部にある為、非常にデリケートな構造になっています。

 

この場所に炎症が起きる原因としては、内耳の前にある中耳に炎症が起こっているパターンが多いです。

 

幼小児がなりやすい中耳炎を思い浮かべる方が多いかと思いますが、この炎症が境目である正円窓と卵円窓という孔から広がっていき、内耳炎が起こります。

 

また、その他に髄膜炎からも発生する事もあります。

 

症状が酷い場合には、三半規管に支障を来して回転性めまいが起こり、吐き気や嘔吐をもよおしたり、難聴や耳鳴りが併発します。

 

治療する場合には、まず内耳炎の原因となる中耳炎や髄膜炎を治療する事になります。

 

細菌感染によるものであれば、抗生物質を用いて治療していきます。

 

また、場合によってはビタミン剤や副腎皮質ステロイド薬を投与される事もあります。

 

いずれにせよ、このような症状がある場合には早めに耳鼻咽喉科を受診するべきです。

 

また、こうした平衡器官の障害以外にもめまいを起こす疾患は存在します。

 

やや症状の感じ方に違いがあり、浮動性めまいという非回転性のものや立ちくらみ、平衡感覚の障害などがありますが、素人では判断が難しい場合もあるかと思いますので、異常を感じたら早めに専門機関を受診した方が良いでしょう。

蜂の子サプリメントが内耳炎にどうアプローチするのか

蜂の子サプリ

痛みやめまい、耳鳴りや難聴などつらい症状を伴う内耳炎には、蜂の子サプリメントが効果的であると言われています。

 

蜂の子サプリメントには人体に必要な栄養成分、ミネラル・ビタミン・アミノ酸、そしてホルモンに働きかける成分などが豊富に含まれており、それらの成分が内耳炎の症状を緩和するのに欠かせないものとなっています。

 

特にアミノ酸に含まれるトリプトファンという成分が自律神経を調節してくれるので、不快な耳鳴りや、聴力の改善にも効果があります。

 

ビタミン類も多く含まれることから疲労回復の役割もあり、またミネラル等の成分によるストレスの軽減も期待できます。

 

内耳炎は痛みだけでなく精神的な疲労も伴うという意味でも、蜂の子サプリメントの成分が症状緩和や治療の助けになることは間違いありません。

 

蜂の子の含有量が少ないと症状を改善する効果も薄くなりますので、自然豊かな地域の健康な蜂か、なども合わせて確認し、効果のあるサプリメントを選びましょう。