突発性難聴について

蜂の子サプリメント

 

突発性難聴は、ある日突然耳が聴こえなくなる病気です。

 

詳しい原因は不明とされていますがステロイド剤が有効なことからウイルス性感染の疑いが濃厚という説と、毛細血管の血流不足により内耳に血液が行かなくなり、内耳が機能低下をする可能性の説があります。

 

突発性難聴は外耳や中耳に異常はなく、音を電気信号に変換する内耳に障害が生じる感音性難聴といわれています。耳が突然聞こえなくなるだけでなく、耳鳴りやめまいがすることがあります。

 

次の3つがあると突発性難聴の疑いが強くなります。

 

鼓膜に全く異常がない、聴力検査で片耳だけ感音性難聴が特定できる、外耳道が詰まったような感じがしない。

 

一般的に突発性難聴は再発しません。

 

再発を繰り返すものは特発性難聴といわれる両耳型の難聴の可能性があります。またよく似た病気に聴神経腫瘍があります。

 

聴神経腫瘍は聴神経にできる良性の腫瘍ですが、耳鳴りやめまいなど一見突発性難聴に症状が良く似ています。

 

病気の鑑別を行うにはMRIが欠かせません。突発性難聴は治療開始までの期間が短ければ短いほど治癒する確率が高くなります。

 

2日以内、遅くても1週間から2週間の間には治療を開始する必要があります。治療が遅れればそれだけ後遺症が残り耳が聴こえにくくなる可能性が高くなってしまいます。

 

治療にはステロイド剤や利尿剤、血流改善薬、ビタミン薬などが処方されます。症状が重ければ入院して点滴治療をすることもあります。

突発性難聴に蜂の子サプリメントが有効的!

蜂の子サプリ

突発性難聴は、その名の通り突然難聴や耳鳴りが起こる病気です。

 

片耳だけに起こるという特性も持っていて、放っておくと慢性化し、気が付いたら症状が進んでいる場合があります。ウィルス感染説や内耳循環障害説があり、完治させるには難しく、手遅れ状態になるケースも多いようです。

 

最近「蜂の子サプリメント」が、耳鳴りや難聴などの耳の疾患に、とても効果的であると言われています。

 

「蜂の子サプリメント」は、ミツバチの幼虫を粉末状にしてカプセルに詰めたものです。

 

蜂の子に含まれているアミノ酸は非常に豊富で、さらに羽化ホルモンとよばれる成分も入っています。これらが自律神経を整えるだけでなく、体の根本的な部分を温める作用をもたらし、これによって耳に起こる不快な症状を抑えていきます。

 

又ローヤルゼリーは、自律神経の働きを整えてくれる効果があります。これらの相乗効果と蜂の子サプリメントのパワーで、「突発性難聴」の症状を和らげてくれます。