老人性難聴は老化によるものなので治すのは難しいが血流をよくすることで改善は期待できる

年寄りになると、耳が遠くなるものですが、それは気のせいではなく老人性難聴という年齢を重ねたことで現れる年齢の変化です。

 

そもそも人が音を認識するというのは、次のような流れです。

 

まず耳の穴すなわち外耳道を通って伝わった空気の振動が、鼓膜に到達し、さらにその裏にある耳小骨という骨に伝わります。

 

それが内耳蝸牛という器官に伝わり、神経へと伝わるのです。

 

内耳蝸牛にはリンパ液が満たされており、振動すればリンパ液が揺れることで感知することになっています。

 

ところが加齢により、この内耳蝸牛の部分に何らかの障害が起きて、振動が神経まで伝わりにくくなってしまう場合があります。

 

それが老人性難聴です。

 

完全に聞こえない、ということではないのは、内耳蝸牛の入り口部分から徐々に難聴が進行していくためです。入口付近は高い音を認識するための部分なので、老人性難聴になると高温域から聞きとりにくくなります。

 

老化というのは、病気ではないので、一度発症した老人性難聴が元通りになるというのは難しいです。

 

しかし、頑張ればある程度の改善をすることは可能です。

 

どのようなことをするのかというと、血流を良くすることが効果的です。

 

なぜかというと、そもそも障害が起きてしまう原因として考えられるのは血流が悪くて、有毛細胞という音を感じる部分に酸素や栄養が届いていないことなのです。

 

つまり血流を良くして、酸素や栄養が再び届くようになれば、音を感じることができるようになるわけです。

老人性難聴に蜂の子サプリがおすすめ

蜂の子サプリ

加齢とともに会話が良く聞こえないという老人性難聴をはじめとする難聴の症状に、蜂の子を摂取するという古くからの民間療法が伝えられています。

 

近年においてこの効果が立証されてきており、老人性難聴の改善に効果的であり手軽に摂取できる蜂の子サプリメントに人気が集まってきています。

 

老人性難聴の原因と言われているのがストレス・血行不良・加齢です。ストレスに反応して分泌量が増えるコルチゾールという副腎皮質ステロイドホルモンがあります。人間の恒常性維持機能により、普段は分泌量が一定に保たれているわけですが、ストレスが増えることによりコルチゾール分泌量が一時的に増えると、人体のさまざまな部位に影響を及ぼします。

 

その中の一つに難聴があります。蜂の子サプリメントは必須アミノ酸などたんぱく質が豊富に含まれ、ビタミン・ミネラルなど栄養価に優れており、これらが血行を促進し、自律神経のバランスを整えてくれます。その結果、コルチゾール分泌量も減るのでストレス軽減となり、老人性難聴も改善されていきます。