耳管狭窄症について

耳管狭窄症は正常なら、中耳腔と鼻の奥にある耳管と呼ばれる管でつながっていて、これは通常ふさがっていますが、あくびや、物を飲みこむと気に開きますが、耳管狭窄症になるとうまくひらかなかったり、逆に常に開いた状態になったりします。

 

中耳腔と繋がっている管の耳管の閉塞は、耳管周囲の炎症によりむくみが起き、鼻の奥にある中耳腔がふさがった状態を引き起こします。

 

耳管狭窄症になる原因としては、副鼻腔炎に伴い、喉側に鼻水が流れることが大半です。

 

耳管開放症は、最近になってやや女性が多くかかる病気です。急激な体重減少のあとに起こることが多いようです。また扁桃腺肥大が原因で子供にも発症する原因も多いようです。

 

耳管の働きが悪く、狭くなるので唾液を飲みこんだりあくびをしたときに開かなくなり空位が上手く入らなくなります。

 

その為に鼓膜の動きも悪くなって、軽い難聴や常に耳の中が詰まっている状態や自分の声が大きく聞こえるなどの症状が現れてきます。
検査ではティンパノメトリーという鼓膜の動きの程度を調べる機械を使って、鼓膜の呼吸が正常に動くのを確認したりします。

 

治療法は耳管通気療法といって鼻に管を入れて中耳に空気を入れます。

 

中耳や耳管に、鼻水のような液が溜まっている時は粘液溶解剤も併用して鼻水を除去します。粘膜に炎症が起きていて耳管粘膜がはれて耳管が狭くなっているときには、炎症を減らす薬で治していきます。

 

慢性的になる人もいる厄介な病気です。上記の様な症状が現れたら耳鼻科に行き検査してもらいましょう。

耳管狭窄症には蜂の子サプリメントが効果的です

蜂の子サプリ

正常であれば中耳と鼻の奥にある耳管がつながっていて通常は塞がっていてあくびや物を飲み込む時に開くのですが、耳管狭窄症はこれがうまく開かなかったり、常に開いた状態になる病気です。

 

症状は軽い難聴や常に耳に何か詰まっている状態や自分の声が大きく聞こえるなどです。原因は鼻の奥の炎症などで喉側に鼻水が流れることが殆どで、ダイエットなどで急激な体重減少の後にこの症状が起こることがあります。

 

耳管狭窄症など耳鳴りに効果が期待できるのは蜂の子です。蜂の子はタンパク質、炭水化物、ミネラル、ビタミン、アミノ酸など多くの栄養素が含まれています。

 

その中でもアミノ酸が精神を安定させたり自律神経のバランスが崩れたことで生じる耳鳴りなどに効果的です。

 

蜂の子は蜂の子サプリメントを上手に活用することが良い方法です。蜂の子は昔から耳鳴りを改善すると言われており、大学の臨床研究でも成果が実証されています。耳管狭窄症などで耳鳴りがある場合は蜂の子サプリメントが効果的です。"