聴神経腫瘍とは、前庭神経に発生する良性の脳腫瘍の事をいいます

聴神経腫瘍の正確な病名は前庭神経鞘腫といいます。

 

初期症状として、聴力の低下が多く見受けられます。

 

その他には、めまい、耳鳴り、歩行障害や顔面の痺れ、嚥下障害などが発生します。

 

聴神経腫瘍の原因は、明確に解明されていませんが、遺伝子変異が関係している可能性が高いとされています。

 

腫瘍と聞くと驚いてしまいますが、進行速度は非常にゆっくりであり、良性腫瘍のため焦る必要はありません。

 

聴神経腫瘍の治療は、手術、放射線、経過観察の3つが挙げられ、患者さんの年齢と症状、健康状態を考慮し、治療方針を決定していきます。

 

腫瘍の大きさが4センチより大きい場合は手術、小さい腫瘍であれば経過観察か放射線といったように柔軟に対処します。

 

なぜ、経過観察が選択肢としてあげられるかというと、聴神経腫瘍は自然に小さくなることがある腫瘍であるため、無理な治療はしないほうが良い場合もあるためです。

 

また、腫瘍自体が大きくならない場合もあります。

 

そのため、進行が止まっている腫瘍を無理して取り除き、顔面麻痺などの合併症が発生してしまうというリスクを回避する点から、MRIで経過観察することが選択肢としてあげられるのです。

 

手術が必要となってくるのは、腫瘍が4センチより大きい場合や、放射線で対処した後で、進行が止まらない場合などに限られます。

 

気になる症状のある方は、MRIで腫瘍の有無を確認することができますので、慌てずに先生に相談してみましょう。

 

聴神経腫瘍に蜂の子サプリメントが良い理由

蜂の子サプリ

人間の体を正常に機能させるために、最も必要となる栄養成分はアミノ酸とされています。この栄養成分を豊富に含んでいるのが蜂の子です。蜂の子は成分に良質なたんぱく質を含んでいるのですが、そのたんぱく質を構成しているのはアミノ酸であり、蜂の子には人体では作ることができない必須アミノ酸の一種であるトリプトファンも入っています。聴神経腫瘍を効果的に改善したいと思う時には、トリプトファンが摂れる蜂の子サプリメントの摂取をおすすめします。

 

治療に蜂の子サプリメントが良いのは、自律神経を安定させる効能を持っているからにあります。聴神経腫瘍は発症する主な原因の一つに、自律神経の状態が悪くなってしまうことがあります。乱れた自律神経を整える作用を持った成分にセロトニンがあり、蜂の子のトリプトファンにはセロトニンを生成する働きがあるので病気の治療に効果的なのです。蜂の子には聴覚の神経の機能向上をしてくれる成分も入っているので、聴力自体を強くすることもできます。