耳鳴りの原因について

蜂の子サプリメントランキング

「キーン」「ジー」「ボー」など周りの人には聞こえない音が自分だけ聞こえてきた場合、それは耳鳴りです。

 

すぐに聞こえなくなるならただの気圧の変化が原因の場合もあり、特に心配する必要はないのですが、長く続くと生活に支障をきたしてきてしまいますし、何よりそれは身体からのサインの場合も。

 

対処法を見つけ出す必要があります。

 

耳鳴りの原因として多いのはストレスや寝不足・体の疲れです。20代・30代女性に増えてきているのは仕事をする人が増えてストレスを溜める場面が多くなったからです。

 

自律神経に乱れが生じることから、自律神経失調症の症状の一つとも言われます。

 

自律神経失調症により交感神経が過敏になることで内耳や中耳から脳への血液の流れが悪くなり、音を脳へと伝える機能が低下して耳鳴りが起こるのです。

 

身体のゆがみからも自律神経失調症は起こります。パソコンにかじりついて何時間も仕事していること自体がゆがみを生じさせ、そして耳鳴りの原因へとつながるのです。

 

自律神経は呼吸や血液循環・消化吸収・排泄などさまざまな人間が生きていくために必要な、しかし意識してコントロールできず無意識で動くそんな機能に関係しています。

 

自律神経には交感神経と副交感神経とがあるのですが、これらがバランスよく活動していればいいのですが、一方が優位な状態が続きすぎると身体の不調を招くのです。

 

ストレスを溜めた状態は常に緊張状態で交感神経がずっと優位な状態です。

 

就寝中でも身体が活動を続けるので熟睡できず休息をとることもできません。体温や血圧・血糖などの調節もうまく行かず様々な障害が引き起こされます。免疫力も低下し、身体が付かれきった状態なので病気になりやすい身体になってしまいます。

 

耳鳴りが続く場合、生活習慣を見直すことが予防法となります。

 

仕事や育児などストレスは溜まりますが、そのストレスを逃してやる改善法を見つけ出すことです。

 

バランスの良い食生活も必要です。

 

重度のストレスとなると、うつ病など発症する可能性もあり危険です。医師を診断し、抗不安薬やホルモン剤など薬物治療を行なったり、カウンセリングなど心理療法をすることになる場合もあります。