耳鳴りは複合的な要因が重なり起こっている

蜂の子サプリメント

 

耳鳴りは普段の日常生活の中で起こりますが、薬に頼らずに自分で耳鳴りを予防したり治療することも可能です。

 

耳鳴りの原因はストレスがほとんどです。

 

寝不足や過労で精神的なダメージが蓄積され、自律神経がバランスを崩すことで発生してしまいます。

 

また、耳鳴りが日常的に起こることでもストレスとなります。このストレスで血流が悪くなり肩こりや首の痛みに繋がってしまうため、ストレスをためないように心掛けることが大切です。

 

高齢化や他の病気になっている可能性もあるため、半日以上続いたり片耳だけ起こったり、めまいの症状が出ている場合には病院での検査が必要になります。

 

まずは薬に頼らずに自分で治療する方法を行います。

 

耳鳴りがする方の耳に小指を入れ、首を左右どちらかにひねります。耳鳴りが治まらなければ今度は反対方向にひねります。それでも治らない場合は反対側の耳に小指を入れ、同じように首をひねります。

 

他のストレッチとして、両肩の力を抜いてゆっくりと首を左に回し、30秒数えます。

 

ゆっくりと首を戻して今度は右側に回して30秒数えます。ゆっくりと元に戻して今度は上を向きます。同様に30秒数えてから元に戻し、今度は下を向いて30秒数えて元に戻し、これを3回繰り返します。これらのストレッチによって耳の周りの筋肉を和らげることが出来、耳鳴りを治すことが出来ます。

 

ストレッチだけではなく、改善に効果的なツボもあります。

 

口を開けた時に耳の穴付近がへこみますが、そこは効果のあるツボです。

 

また、耳たぶの裏側や首の後ろにある骨のふくらみから指一本上にあるツボ、薬指と小指のつけ根から下にある手の甲のくぼみ、くるぶしとアキレス腱の間にもツボがあります。

 

それらのツボをあまり力を入れずにゆっくりと円を描くように押していきます。

 

ストレッチやツボは一時的な治療方法です。これにより耳鳴りを治すことが出来ても根本的な治療にはなっていないため、肩こりや睡眠不足などの症状や生活の改善、適度な運動や入浴で血行を良くするという方法もあります。

 

自分の生活環境の見直しも行い、それでも頻繁に起こるようであれば進行する前に耳鼻咽喉科で診察を受ける必要があります。