耳鳴りを緩和させるツボは耳の周りに多く存在し、手足にもある

蜂の子サプリメント

キーンという耳鳴りやブーンという低温の耳鳴りなど、聞こえ方や感じ方は人それぞれ違います。

 

耳鳴りには、疲労がたまった時や、精神的に疲れている場合に、その症状が強くでる傾向があります。

 

耳鳴りを治すには、首の後ろや耳の周りをマッサージするように刺激するのが効果的です。

 

耳の周りには、ツボがたくあんあり、ツボの位置を正確のとらえることで、首のこりやめまい、頭痛なども解消することができます。

 

脳神経領域の問題をのぞけば、首の筋肉や頭の筋肉、顎の筋肉、頸椎、顎の関節が原因となるため、ツボを刺激してセルフケアすることができます。

 

耳周りのツボには、耳門、聴宮、聴会があります。

 

中でも聴宮は、耳の穴を隠すような形ででている部分の前方にあり、この付近を押さえて一番痛い感覚がある場所を選ぶのがポイントです。

 

また、耳の後ろにある翳風や、完骨を刺激すすのも、頭痛にも効果的です。

 

そのほかにも、手や足にも耳鳴りに効果的なツボはあります。

 

ただ、これらすべてのツボを刺激するのはかなり大変で、忘れてしまいますから、ツボを刺激して耳鳴りが緩和したり、軽減できる場所を探すことが大事です。

 

耳門や完骨、聴会は効果を実感しやすい場所なので、一度試してみるとよいでしょう。

 

耳鳴りは、肩こりと同時に起こることがあります。

 

なぜ併発するのかというと、どちらも血行不良が原因で起こっていることによります。

 

姿勢が悪かったり、運度不足、自律神経がバランスを崩していることなどで、血行不良を起こしやすくなります。

 

血行不良が首や肩で起こっている場合には、肩こりのほかに、眼精疲労や頭痛、耳鳴りなど、首と肩から上の部位の血流に関わる症状が現れることがあります。

 

そのため、肩こりを改善することができれば、自然と症状を改善することができます。

 

肩こりは、仕事が原因となることが多く、デスクワークなどで長時間作業を行うため、筋肉の可動範囲が狭くなり、血行不良を起こして肩こりになってしまいます。

 

そのため、定期的に筋肉をほぐして肩や肩甲骨あたりにあるツボを押して、血流を改善することが効果的です。

 

また、湿布などを用いて、血流を改善することも効果的といえます。

 

このように、肩こりの原因にあわせた改善法を見つけることが大切です。