蜂の子がめまい改善に欠かせない

蜂の子サプリメント

 

蜂の子成分がめまいの改善に欠かせない

 

蜂の子がめまいに効果的だと近年言われるようになりました。

 

そこで蜂の子とめまいの関連性について調査してみる事にしました。

 

実際に蜂の子がめまいの改善について、どのように作用しているのかが気になっていたのです。

 

今回はめまいの症状や原因について追及し、蜂の子に含まれる有効成分が与える影響についてご紹介します。

 

めまいや耳鳴りに悩まされている時の手助けになればと思いますので、ご参考ください。

 

めまいの種類

めまいには2種類があります

 

めまいには回転性と呼ばれる物と、浮動性と呼ばれる2種類の物が存在します。

 

では2種類のめまいの違いを比較していきます。

  1. 回転性めまい⇒目が回る、天井が回る感覚になる、体がグルグル回る感覚になる。
  2. 浮動性めまい⇒前失神や卒倒感で気が遠くなったり失神しそうな感覚になり、足元がふらついてよろめく平衡障害、頭部がふらふらして空っぽになるような感覚になる。

この2つのめまいですが、それぞれ特徴が違います。

 

まず初めに回転性めまいですが、三半規管(平衡感覚を感じ取る部位)に原因がある事が多く耳鼻科で判明する事が多いのですが、三半規管の血行不良による場合のめまいは判断が難しくなっています。

 

そして吐き気・難聴・手足のしびれ・耳の閉塞感・耳鳴りが起きて気分が悪くなる事が多く、すぐに症状が消える場合もあれば数日続く場合もあります。

 

回転性めまいは三半規管に水(リンパ液)が溜まる事で起きる事が多く、ストレスによって自律神経が乱れて内耳のリンパ液が溜まってしまい圧力が高まって圧迫してしまいます。

 

回転性めまいに似たような症状に脳の虚血状態があり、脳に流れる血液量が少なくなることでたちくらみが起きます。この症状はめまいと勘違いされやすいので検査を行うのが良いでしょう。

 

血流が不足する原因の1つに自律神経失調症があり、自律神経のバランスが崩れる事で交感神経が働きすぎて血管が収縮して血流不足になったり、鉄欠乏症の貧血などにも繋がってしまいます。

 

次に浮動性めまいですが、自分が宙に浮いているような感覚になり、酔っぱらった時の様に真っ直ぐ歩く事や姿勢を保つことが困難になる状態になります。

 

浮動性めまいの症状は急に出る事があったり徐々に出るという事もあるのですが、回転性めまいのように酷い不快感は少ないものの、激しい頭痛・手足のしびれ・ろれつが回らない場合はすぐにでも病院で診察を受けてください。

 

浮動性めまいの原因で考えられることは、ストレスが原因となって自律神経が乱れて交感神経の働きが過剰になって全身の緊張が高くなって体の負担になっている事が有力です。

 

これら2つのめまいは症状が違うので、まずご自身のめまいがどちらの症状に近いのかを知って頂き、それから対処していくのが良いでしょう。

 

どちらのめまいも自律神経が元で起きている場合、蜂の子に含まれる成分を摂取する事で改善できるので後で説明します。

 

めまいが起きる原因となる症状

めまいが起きる原因となる症状には何がある?

 

めまいが起きる原因となる症状には複数あります。以下がめまいを起こす症状となります。

  • 良性発作性頭位めまい症
  • メニエール病
  • 突発性難聴
  • 前庭神経炎
  • 聴神経腫瘍

これらの症状を1つずつ解説していきます。

 

良性発作性頭位めまい症

良性発作性頭位めまい症の特徴

 

頭を特定の位置に動かしたり、寝返りをうった時に回転性のめまいが起きます。

 

症状の持続時間は数分〜数十分ですが、耳鳴りや難聴といった蝸牛が原因の症状は伴いません。

 

内耳の前庭と呼ばれる部位に耳くそや異物が入ってしまい、さらに繋がっている三半規管の中に入ってめまいを引き起こします。

 

三半規管が刺激される事でめまいが起きるので、根本的な解決法としては異物を取り除く事になります。

 

異物が入った時は「ブン」という耳鳴り音がするので、耳鼻科に行って吸いだしてもらう事で大抵の場合は治ります。

 

自分で対処する場合、異物が入った方の頭を下に向ける事で三半規管の中から出してしまうという方法もあります。

 

基本的に良性発作性頭位めまい症は自然に解消する事もあるので、深刻な症状ではありません。

 

メニエール病

メニエール病の特徴

 

めまい以外に難聴や耳鳴りを引き起こし、耳鳴りが繰り返されると聴力が低下していく。

 

内耳にできる内リンパ水腫によって圧迫されて耳鳴りが起きる症状

 

>>メニエール病の詳細はこちら

 

メニエール病の改善に蜂の子が有効です。

 

突発性難聴

突発性難聴の特徴

 

突然、片方の耳が聞こえにくくなり、高確率で耳鳴りや耳閉塞感(耳が詰まる感じ)が起きる症状が現れます。

 

発症者全体の約3割においてめまいが起きますが、回転性および不動感の両方のめまいの症状が出ます。

 

症状は数週間以内には改善しますが、難聴やめまいが繰り返し起こる場合は別の原因が考えられるます。

 

突発性の名前通り、いきなり症状が発症するので、早めに耳鼻科に通って診察を受ける事をおすすめします。

 

前庭神経炎

前庭神経炎の特徴

 

いきなり激しい回転性のめまいが起きるのが特徴です。日常生活にも支障をきたす事もあります。

 

めまい自体は持続性があるのですが、難聴や耳鳴りの蝸牛が原因としての症状は見られません。

 

症状が出てから数日で回復し始め、約2〜3週間でほぼ回復しますが、早めに診察を受けてください。

 

前庭神経炎になる原因は、体のバランスをとる前庭神経に炎症が起きた事によるものと考えられています。

 

平衡感覚を司る前庭神経が、ウイルスの感染や血液の循環障害によって炎症を起こしている状態となります。

 

現代医学でも明らかな原因は解明されていないのが現状ですが、めまい専用の薬や副腎皮質ステロイドで治療すれば回復します。

 

聴神経腫瘍

聴神経腫瘍の特徴

 

聴神経腫瘍は難聴や耳鳴りを伴う事がある症状で、聴神経の周りにあるシュワン細胞と呼ばれる細胞から発生する腫瘍の事です。

 

前庭神経や聴力に関係する聴神経に出来る腫瘍自体は良性の物ですが、腫瘍が成長するのに長い時間がかかっているので初期症状が出るまでに何年もかかる事があります。

 

症状は初期の場合、聴力低下が起きて聞き取りにくくなります。電話の声が聞き取りにくいなどの症状が出ますが、徐々に進行していき耳鳴り・顔の痺れ・顔面麻痺といった深刻な状況となって行きます。

 

改善する為の治療は手術・放射線・抗めまい薬といった症状に合わせて選択しますが、経過観察によって対処法を変える事があります。

 

めまいが伴う症状

めまいに伴う症状は何がある?

 

めまいに伴う症状は末梢性・中枢性・全身性と、おおまかに3つに分類されます。

  1. 抹消性めまい⇒耳が原因で起きるめまい
  2. 中枢性めまい⇒脳が原因で起きるめまい
  3. 全身性めまい⇒体の不調が原因で起きるめまい

まず1つめの抹消性めまいですが、ほとんど内耳の異常によって起きています。

 

先ほど紹介しためまいの原因となるメニエール病・良性発作性めまい症・前庭神経炎・突発性難聴などに伴って起きるのです。

 

抹消性の場合は回転性めまいが起きる事が多く、日常生活にも支障をきたしますが命に係わるほどの病気ではありません。

 

改善に至っては蜂の子が特に有効であり、内耳の自律神経を整える事で徐々に症状も収まっていく傾向にあります。

 

2つ目の中枢性めまいですが、脳が原因で症状が出ます。

 

脳梗塞・脳出血などの脳血管障害や小脳腫瘍・聴神経腫瘍などの脳腫瘍、整脈・高血圧および低血圧といった脳循環障害と多くの脳に関する病気と関係しています。

 

めまいの時に激しい頭痛および頭重感を伴う場合、小脳出血・くも膜下出血といった脳の障害の疑いがあります。

 

また神経障害が起きている場合、顔や口・手足や指の痺れが起きて筋力低下も起きます。

 

さらにろれつが回らないと言った構音障害や意識障害を伴う時は脳血管障害の疑いが出てきます。

 

3つ目の全身性めまいは体調不良が原因で起きるめまいです。

 

めまいの時に貧血や発熱が起きる場合、自律神経失調症によって起きる症状だと考えられます。

 

また脳にある脳幹と呼ばれる部位は自律神経の大元となる場所で、周囲には様々な神経器官が集まっており、自立心液が狂った時に影響を受けてしまいます。

 

特にストレスによって引き起こされる事が多く、改善する場合は自律神経を正常化させる事が最優先です。

 

自律神経を正常化させる成分が蜂の子に多く含まれているので、ストレス系が原因のめまいには効果を発揮します。

 

めまいが起きた時の対策

めまいが起きた時の対策方法は?

 

めまいには急性と慢性の2つがあり、それぞれ対応の仕方が違います。

 

急性期めまいの対応は、基本的に安静にして静かな部屋や場所で過ごす事を意識してください。

 

体は動かさずに楽な姿勢をとる事で症状を抑える事が出来るようになります。静かな部屋で寝転んだりするのが楽な姿勢でおすすめです。

 

そして体を圧迫している下着や服は緩めて楽にしてください。脱いでしまうというのが一番楽ですが場所によるので緩めるのが良いでしょう。

 

また、視界に入る動くものは見ないようにしてください。動く物を見てしまうと無意識の内に目が勝手に追いかけてしまうからです。

 

付け加えて振動や動揺を与えないように気を付けてください。体が揺れるのも良くありません。精神的に落ち着けるようにしてください。

 

慢性期めまいの対応ですが、慢性期は繰り返し症状が出ている状態なので急性期めまいとは違った方法となります。

 

まずは適度な運動を行うようにしてください。安静にしているとめまいの改善ができなくなってしまいます。

 

運動を行う際は急に体を動かさないようにします。急に動くとめまいでふらついて転倒の原因となるので注意しましょう。

 

そして食生活は規則正しいタイミングで取るようにして、栄養バランスの取れるメニィーにしてください。

 

また日常生活においては出来るだけストレスを感じないように自分で環境を整えるようにすると良いでしょう。

 

夜は睡眠をしっかり取って1日7時間寝るようにすると体調は良くなります。睡眠不足ですと体の疲れが取れずに翌日に影響が出ます。

 

TVや音楽を聞く際にも音量には気を付けてください。めまいの原因となる1つに音がありますが、大きな音を聞く事で耳鳴りも起きてしまいます。

 

他にもカフェインやアルコールの摂取は避けるようにしてください。これらも体にとっては良くない成分ですのでお水あるいは、カフェインの入っていないお茶にしましょう。

 

蜂の子がめまいに効く理由

蜂の子がめまいに効く理由は何?

 

蜂の子がめまいに効果があるというのは明確な理由があります。

 

耳が原因で発生するめまいは耳の構造上、内耳の蝸牛と呼ばれる部位のリンパが関係しています。

 

日常生活でストレスを感じたり、大きな音をいきなり聞いた時に自律神経のバランスが狂って耳の中に内リンパ水腫と呼ばれる状態になります。

 

内耳でリンパ液が増えてしまい内リンパ水腫になるのです。そして神経を圧迫してめまいや耳鳴りが発生してしまいます。

 

そこで改善させるためには自律神経を整える事が欠かせないのですが、その時に蜂の子に含まれる成分の1つであるトリプトファンが自律神経を整えてくれます。

 

蜂の子の主成分はアミノ酸ですが、必須アミノ酸9種類を含む全19種類のアミノ酸を含んでおり、ローヤルゼリーと比べて3倍の含有量があります。

 

蜂の子は生後21日目のオスが最もアミノ酸を含んでいるのですが、これはさなぎの期間に与えられた栄養素がアミノ酸となり、21日目で最も多く含んでいる時期なのです。

 

そこでアミノ酸に含まれるトリプトファンと呼ばれる成分が、自律神経を整えるセロトニンを生成する成分となります。

 

セロトニンが自律神経を整える事によって内リンパ水腫も症状が回復していき、めまいや耳鳴りが収まります。

 

蜂の子は耳鳴りやめまいの改善に欠かせない食材で、なおかつ薬の様に副作用も一切ありません。蜂の子は安心して摂取する事が出来ます。

 

ただ、蜂の子は見た目がさなぎなので食べる事に抵抗を感じる人もいるのです。そこで蜂の子を粉末状にしてカプセルに閉じ込めたサプリメントなら安心して飲む事が出来ます。

 

これなら蜂の子をいつでも簡単に摂取できるのでおススメです。めまいや耳鳴りに悩まされている時は是非とも蜂の子をお試しください。

 

蜂の子サプリは山田養蜂場の酵素パワー蜂の子がおすすめです。

 

>>山田養蜂場の酵素パワー蜂の子詳細はこちら