蜂の子がメニエール病の改善に役立つ

蜂の子がメニエール病の改善に欠かせない

 

蜂の子がメニエール病に効果的と言われていますが、実際に耳鳴りに効果がると科学的に証明されています。

 

耳鳴りはメニエール病で現れる症状の1つであり、特に低音が響くのが特徴です。

 

明確な原因は現代の医学でも解明されておらず、より正解に近い検証結果が出ているという状態です。

 

原因は不明ですが、治療する方法は確立されてきており、投薬によって治療は行えるのですが副作用も報告されています。

 

こんな時に蜂の子だと副作用なく治療も出来るのでおススメです。

 

そこで今回はメニエール病について理解を深めつつ、蜂の子の治療効果について解説いたします。

 

メニエール病の始まり

メニエール病はいつから認知され始めた?

 

メニエール病は1861年にフランスの内科医プロスパー・メニエールが初めて提唱した症状です。

 

めまいの原因が内耳から起きる事を誰も分からなかった時代に提唱したので、当時は新たな発見となった事でしょう。

 

そしてメニエール病は、めまい・耳鳴り・難聴の3つが揃って起こる事を前提に呼ばれるようになりました。

 

梅毒やウイルス性内耳炎といった内リンパ水腫が明確な原因であると分かっているものは除外し、全くもって原因が不明な「特発性内リンパ水腫」をメニエール病と呼んでいます。

 

この症状の特徴として30代〜50代の女性に多く発症しており、男性よりも発症者数が多いのです。

 

日本においては厚生労働省の明確な診断基準があり、めまい発作・難聴・耳鳴という3つの症状がそろい、他の疾患を除外した時にメニエール病と確定します。

 

めまいの発作が起きている場合、眼球振盪(がんきゅうしんとう)と呼ばれる目の異常な動きが見られ、時間経過によって眼球振盪の方向が逆になります。

 

眼球振盪は眼振と略される事が多く、自らの意志とは関係なく目の向きが勝手に変わっていく事です。

 

そして眼振を確認の後に検査を行い、内リンパ水腫を確認できた時にメニエール病の診断がしやすくなります。

 

メニエール病になる原因

メニエール病になると考えられる原因は何?

 

メニエール病になる原因は主にストレスと過労と言われています。

 

ストレスや過労で内耳にある内リンパ液の量の調整が効かなくなってしまい、内リンパ水腫が出来て神経を圧迫してしまいます。

 

そして内リンパ液の圧力が上昇によって有毛細胞を刺激し、耳鳴りや難聴が起きると現在の医学で考えられています。

 

さらに半規管と呼ばれる器官内に内リンパ水腫が発生するとめまいが起きてしまい、もっと酷くなると膜迷路を破り内リンパと外リンパが混じり激しいめまいが起きてしまうのです。

 

これによって耳鳴り、めまい、ふらつき、難聴が起きてしまう原因とされています。

 

メニエール病の症状

メニエール病で起きる症状は何?

 

メニエール病は難聴・耳鳴り・耳閉塞感・大きな音に対し、過敏性といった聴覚の症状が強いめまい発作と伴っています。

 

聴覚症状の状態は、めまい発作と共に変化していき、発作時は吐き気を伴うことが多く、意識障害・運動麻揮・複視・視力障害・小脳症状といった中枢神経症状を起こす事はありません。

 

ではどのような症状があるかというと、以下のに4つに分かれています。

  1. めまいによって周囲や天井がグルグル回る感覚になり平衡感覚を失う
  2. 耳鳴りがするが、片方の耳で起きる事が多い
  3. 船酔いの時のようなふわふわ感と吐き気を催す
  4. 難聴になって言葉が聞き取り辛くなる

この4つが主な症状となります。

 

1の症状は、約数分〜数時間程続き、吐き気・嘔吐・冷や汗・頻脈・顔面蒼白といった症状を伴うことがよくあります。

 

また、めまいと同時に難聴・耳閉塞感・耳鳴りが起こり、めまいと連動して悪化したり、回復したりします。

 

2の症状は、めまいの発作が起こる前から酷くなっていき、発作を何度も繰り返す内に慢性的な耳鳴りになっていきます。

 

3の症状は、身体が左右のどちらかに傾く感じになってしまい、歩くとよろけて転びそうになったり、静止している物が動いているように見えたりもします。

 

4の症状は、発作と同時にに難聴になるケースと、発作を何度も繰り返すうちに聴力が徐々に落ちてくるケースがあります。

 

そして低音が聞き取りにくくなってしまい、日常生活に支障をきたしてしまうのです。

 

これらの4つの症状ですが、難聴と平衡障害以外の合併症はありません。

 

また、これらの症状は特に季節の変わり目、気候の変化(低気圧や前線が接近している時)が起きた時に出やすくなり、目の周りがグルグルと回る回転性のめまいを引き起こします。

 

軽いめまいの場合は数分から数時間で治まりますが、症状が重いものだと2〜3日以上に渡って続く事があります。

 

発作が起きる回数ですが、年に数回の人もいれば週2〜3回起きてしまう人もいるので人によって差があるのも特徴です。

 

何度も耳鳴りが繰り返されるうちに難聴へと繋がってしまうので、異常を感じたら早めに病院(耳鼻科)へ行って診察を受ける事をおすすめします。

 

また通院は基本的には耳鼻科になりますが、原因不明の場合は脳神経外科や内科に行く事も推奨いたします。

 

メニエール病の治療

メニエール病の治療方法は?

 

メニエール病の治療は発作期治療と間歇(かんけつ)期治療の2つに分けられます。

 

1つ目の発作期における治療は、めまいの沈静化および難聴の進行の防止を目的としています。

 

2つ目の間歇期における治療は発作の抑制が主な目的となり、発作を誘発するストレス対策のための生活指導を行います。

 

また利尿薬を中心とした薬物治療が行われ、投薬による治療が困難な場合には手術による治療および治療における最終方法である選択的前庭機能破壊が行われます。

 

選択的前庭機能破壊とは、感覚器の機能を完全に破壊してしまう事を指します。昨日を破壊して根本的に解決する最終手段です。

 

メニエール病の場合、原因となっている内耳を破壊するのですが、中毒物質を使って破壊する方法と神経を切断する2種類の方法があります。

 

最近の治療法においては有酸素運動や中耳加圧治療が導入されており、新しい選択肢の有効性が確認されています。

 

治療で使われる薬

メニエール病の治療で使わる薬は?

 

先ほどメニエール病の治療で投薬を行う内容で利尿剤を使用すると述べましたが、これはきちんと理由があります。

 

利尿剤は内耳のむくみを取るために飲む必要があり、むくみを取る事で内リンパ液を減らして神経への圧迫を改善していくという流れです。

 

他にも治療で使われる薬があるのでご紹介します。

  • セファドール・メリスロン⇒平衡感覚に関わる神経の働きをよくしたり、血流を改善する作用がある薬
  • イソメニール⇒脳や内耳の血流を良くしたり、内耳液を正常化する作用がある薬
  • ピレチア・ドラマミン・トラベルミン⇒めまいや嘔吐に関わる神経を鎮める薬
  • ソラナックス・メイラックス⇒気分をリラックスさせて落ち着かせる。不安や緊張感を柔らげたり、寝つきをよくする薬

これらの薬がメニエール病の治療で使用されている薬になります。

 

また、発作の急性期には内服薬ではなく注射や点滴といった直接的な治療を行います。

 

そこで改善がみられない場合や、難聴が進行している場合は外科的治療も行うという選択肢があります。

 

ただし治療薬は副作用もあります。眠気・食欲不振・悪心・下痢・発疹や頭痛などがあるので、投薬治療に抵抗のある方もいます。

 

特に頭痛は日地上生活に支障をきたしたり嘔気を誘発させるリスクがあるので、薬を飲むと外出できなくなる可能性もあります。

 

副作用の無い治療法

副作用の無い治療法はあります

 

投薬治療はどうしても副作用があるので、日常生活に支障が出てくるとストレスとなるでしょう。

 

ですがメニエール病を治療するためには薬を飲まなければならないと葛藤している方もいるのです。

 

しかし副作用の無い治療方法もあるんです。

 

それは「蜂の子」を摂取する事です。

 

蜂の子は名前の通り蜂の子供(幼虫)なのですが、メニエール病や耳鳴りに有効な成分トリプトファンを豊富に含んでいるのです。

 

トリプトファンは自律神経の調整を行うセロトニンと呼ばれる成分の元でもあります。

 

メニエール病の耳鳴りは自律神経の乱れから起きているとされるので、自律神経を整える事で症状を緩和させていきます。

 

蜂の子はローヤルゼリーと比べて3倍のアミノ酸も含んでおり、これもまた自律神経を整える役目を持っています。

 

蜂の子は薬ではないので副作用の心配もありませんし、アミノ酸やトリプトファンを豊富に含む食材なのです。

 

ただ、見た目が正直言ってイモムシのような形なので摂取するのに抵抗を感じる方は多いでしょう。

 

しかし現在は蜂の子をサプリメントにして摂取するという方法があるので、これなら見た目も気にせずに飲む事が出来ます。

 

そんな蜂の子は薬を使わずに有効成分を摂取し、メニエール病や耳鳴りの改善に役立つことは間違いありません。

 

実際に科学試験でも蜂の子が耳鳴りの改善にとって有効だと証明されています。

 

そんな蜂の子サプリを飲んで辛い症状を治していきましょう。

 

おすすめの蜂の子サプリはこちらです
↓↓
山田養蜂場の酵素パワー蜂の子