耳鳴りと内耳炎の関係

耳鳴りと内耳炎が起きると聴力に影響する

 

蜂の子サプリメント

耳鳴りは様々な耳のトラブルの症状の1つとして起こりますが、内耳炎で起こる場合はかなり危険度が高いと言えます。

 

その理由ですが、内耳炎による耳鳴りの場合は完治が難しく、難聴が残るケースがあるからです。

 

耳は主に外耳・中耳・内耳に分かれます。内耳には平衡感覚を司る三半規管のある前庭器官や音の振動を脳神経に神経に伝える器官である蝸牛などがある場所で、耳の中で最奥部にある為、非常にデリケートな構造になっています。

 

内耳炎は単独で起こる症状ではなく、必ず中耳炎が原因となって症状の延長線上に存在するのです。

 

中耳炎だけで治る人もいれば、悪化して内耳炎になってしまう方もいます。また内耳炎に繋がるパターンもいくつかあるのですが、これが非常に厄介なものとなっています。

 

今回は内耳炎と耳鳴りの関係性を紹介していきます。また内耳炎は早期発見する事で難聴を予防する事が可能となります。

 

内耳炎によって大切な聴力を失わないためにも、予防法や対策に役立てる情報をご参考ください。

 

内耳炎で起こる症状

内耳炎の時に起こる症状は3つ

 

内耳炎が発症した際に起こる症状は以下になります。

  1. 難聴と耳鳴り
  2. 回転性のめまい
  3. 耳だれ

内耳炎になってもすぐに気付かないというケースは少なく、上記の3つの症状のいずれかに当てはまっていると要注意です。

 

蜂の子サプリランキング

まず、1つ目の難聴と耳鳴りが起こるときですが、これが一番危険な症状です。

 

中耳炎が起きた際に、内耳炎に繋がるのは特定の原因がある場合だけです。

 

内耳炎で難聴と耳鳴りが起こるときは、内耳にある蝸牛と呼ばれるカタツムリ状の器官にダメージを受けている可能性が考えられます。

 

蝸牛が傷つくことによってキーンという耳鳴りが起きたり、耳が詰まったように音が聞こえなくなる難聴が引き起こされます。

 

次に2つ目の回転性のめまいですが、メニエール病と間違われる場合があります。

 

蜂の子

メニエール病はストレス性の原因で起こる症状ですが、次第に止まっていきます。

 

それに対し内耳炎で起こるめまいは炎症によっておこるので、激しいめまいが幾度となく起こる事があります。

 

めまいが起こるときは、立ったり座ったりせずに寝転んで横になって落ち着くまで安静にするのが良いでしょう。転んで怪我をするのを予防できます。

 

落ち着いたら病院へすぐに行く事をおすすめしますが、絶対に自分で運転などは行わないでください。必ず付き添いの方に連れて行ってもらうようにしましょう。

 

最後に3つ目の耳だれですが、これは細菌およびウイルスが原因となって発症した場合に起こります。

 

蜂の子サプリ

耳の奥から黄色っぽくてベタベタしたような液体がドロッと耳の外に出てきます。出てくるときは耳の中が濡れた感触になるので分かりやすいでしょう。

 

耳垂れが出る場合は内耳がウイルスに感染されている可能性が高く、感染元はおたふくかぜ・インフルエンザ・はしか・耳ヘルペスといった症状を起こすウイルスです。

 

ウイルスや細菌が原因の場合は投薬治療を行う事で回復する事ができますが、酷い症状が原因の場合は手術を行います。

 

人によってやや症状の感じ方に違いがあり、浮動性めまいという非回転性のものや立ちくらみ・平衡感覚の障害などがありますが、素人では判断が難しい場合もあるかと思います。

 

上記の3つの症状が起こった時は、すぐにでも耳鼻科へ行って検査を受けてください。早期発見できれば回復する確率は高まります。

 

内耳炎が起こる原因

内耳炎が起こる原因

 

蜂の子サプリメント

内耳炎は、主に中耳炎の炎症が内耳に波及する事によって起こります。

 

波及する理由として起こる事が、内耳にある前庭窓(正円窓・せいえんそう)と蝸牛窓(卵円窓・らんえんそう)と呼ばれる鼓室から通じる2つの窓で繋がっています。

 

内耳は鼓膜の奥にある部位で、前庭窓は音が入ってくる入り口となり、蝸牛窓は音の出口とそれぞれ役割を持っています。

 

この2つの窓を通る事で音が聞こえる仕組みになっているのですが、中耳炎が起こるとこの窓を通って炎症が内耳まで広がってくるケースがあります。

 

また、真珠腫性中耳炎によって起こる内耳炎の場合、鼓膜内にある骨を破壊して外側半規管などに内耳瘻孔(ないじろうこう)が出来る事で炎症が波及する場合があります。

 

かつてはこのケースが非常に多かった症例ですが、抗生物質が普及した事によって減少傾向にあります。

 

現在では好酸球性中耳炎と呼ばれる症状の影響で内耳に障害が及ぶケースが増えてきています。

 

ごく稀に起こる症状で髄膜炎によって内耳道を経由して感染するケースもあり、この場合は重大な難聴を引き起こしてしまいます。

 

内耳炎は基本的に中耳炎を発症した人がなる物だと理解しておくと良いでしょう。

 

そして中耳炎を早めに治療し、内耳炎に繋げないようにする対策が重要です。

 

内耳窓破裂症に注意

内耳窓破裂症になると耳鳴りと難聴が酷くなる

 

蜂の子サプリメント

内耳炎のキッカケとなる症状で特に注意すべきが内耳窓破裂症です。

 

内耳窓破裂症は先ほど解説した蝸牛窓が破れる事によって、外リンパ液が内耳に漏れてしまう病気です。

 

そしてリンパ液の漏れによって蝸牛にダメージを受けると耳閉感・難聴・耳鳴りが起こります。また前庭と半規管がダメージを受けるとめまいと平衡障害が起こってしまいます。

 

内耳にある前庭と半規管ですが、この2つは人間のバランス感覚を担っている器官です。蝸牛で聴覚を担当し、前庭と半規管でバランスをそれぞれ担当しているのです。

 

これらの器官にダメージを受ける事で障害が出る事は容易に想像できると思います。それだけ内耳窓破裂症は気を付けねばなりません。

 

内耳窓破裂症の症状には、以下の3つのタイプがあります。

  • 急に難聴が発症するタイプ
  • 聴力は正常だが急に激しいめまいだけ発症するタイプ
  • 変動する難聴とめまいを反復するタイプ

まず1の「急に難聴が発症するタイプ」ですが、めまいを全く自覚しない場合と激しいめまい、もしくはふらつきを伴う場合があります。

 

症状としては突発性難聴に非常に似ています。また突発性難聴の治療の後に、めまいが残っている場は外リンパ液が漏れている可能性が考えられます。

 

次に2の「聴力は正常だが急に激しいめまいだけ発症するタイプ」ですが、前庭神経炎と呼ばれる症状に似ています。

 

前庭神経炎は原因が全く分からず、突然めまいが起こりますが耳鳴りや難聴は全く起きない症状です。

 

めまいだけ起こって耳鳴りがしないので他の病気と間違えやすい特徴がありますが、検査を行う事で明確にする事が出来ます。

 

そして3の「変動する難聴とめまいを反復するタイプ」ですが、メニエール病に似た傾向があるので、前庭神経炎のように間違えやすい症状です。

 

めまいが2日以上続いたり、難聴が進行して酷くなっていく場合、外リンパ液が内耳に漏れている可能性があります。

 

難聴や耳鳴りだけではなく、変動するめまいもあるので他の病気と間違えそうになりますが耳に異常を感じたら病院ですぐに検査を行うのが安心です。

 

内耳炎の治療方法

内耳炎の治療で行う方法

 

蜂の子サプリ

最初に検査を行い、明確な原因を特定する事によって治療が始まります。

 

検査は内耳炎の症状次第になりますが、基本的に聴力検査や平行機能検査といった内耳に関連する機能のチェックを行います。

 

耳鳴りが起きている場合、聴力障害の程度次第で検査パターンを変えていきます。

 

内耳炎を治療する場合には、まず内耳炎の原因となる中耳炎や髄膜炎を治療する事になります。

 

原因の1つになっているウイルスや細菌の感染ですと抗生物質の投薬を行い、それと同時に内耳の神経障害に対してビタミン剤およびステロイドを使用します。

 

そして真珠腫を含めた慢性中耳炎への対処としては鼓室形成術という手術を行って病巣を除去していきます。

 

また、内耳瘻孔が起きている場合、破壊された骨を修復する手術を行って瘻孔を閉鎖する事でリンパ液の漏れを防ぎます。

 

もし内耳のダメージが深刻な状態で難聴が治らないと判断された場合、人工内耳を埋め込む手術を行う事となります。

 

人工内耳ですが、内耳の異状によって高度感音難聴もしくは聾(ろう)となった患者の内耳に電極を埋め込みます。

 

人工内耳は周囲の聴神経終末を直接電気による刺激を行って失われた聴覚を取り戻すという人工臓器です。

 

この人工内耳という治療法のおかげで高度感音難聴の手術による治療が初めて可能となり、感覚器の人工臓器としては最も成功した例の1つでもあるのです。

 

内耳炎はできるだけ初期の段階で治療できると軽症で済むケースが多いのです。ですが発見が遅れたり内耳に深刻なダメージがある場合は聴力を取り戻すのは困難です。

 

耳鳴りは耳に関する病気の症状として特徴的ですが、耳鳴りだけではなく他の症状も起きていないか?という客観的な観察が重要です。

 

そこで耳鳴りが起きた場合にはすぐに耳鼻科に行って診察を行うようにすると、後々重症にならずにすむでしょう。

 

耳鳴りは体の異状のサインでもあるので、我慢せずに早めにケアしていってください。

 

内耳炎の回復に蜂の子サプリメントがおすすめ

内耳炎の回復に蜂の子サプリメントがおすすめな理由

 

蜂の子サプリメントは内耳にあるリンパの流れを整える効果が有ります。

 

耳鳴りが起きる原因は内耳が関係しており、内耳は自律神経の乱れによる影響を受ける器官でもあるのです。

 

また、耳鳴りと一緒に起きやすいめまいも内耳にある半規管が原因で起きていますが、蜂の子の成分で回復が可能です。

 

蜂の子サプリメントには人体に必要な栄養成分、ミネラル・ビタミン・アミノ酸、そしてホルモンに働きかける成分などが豊富に含まれており、それらの成分が内耳炎の症状を緩和するのに欠かせないものとなっています。

 

特にアミノ酸に含まれるトリプトファンという成分が自律神経を調節してくれるので、不快な耳鳴りやめまい、聴力の改善にも効果があります。

 

ビタミン類も多く含まれることから疲労回復の役割もあり、またミネラル等の成分によるストレスの軽減も期待できます。

 

内耳炎は痛みだけでなく精神的な疲労も伴うという意味でも、蜂の子サプリメントの成分が症状緩和や治療の助けになることは間違いありません。

 

蜂の子の含有量が少ないと症状を改善する効果も薄くなりますので、自然豊かな地域の健康な蜂か?なども合わせて確認し、効果のあるサプリメントを選びましょう。

 

おすすめの蜂の子サプリはこちら

 
山田養蜂場の酵素パワー蜂の子の特徴

蜂の子サプリメント

蜂の子のタンパク質を酵素のパワーで分解し、摂取しやすくした「山田養蜂場の酵素パワー蜂の子」

<<ポイント>>
  • 厳しい品質基準を満たした蜂の子のみを使用。農薬・抗生物質の検査をクリアしているもののみ使用しているので安心して飲めます。
  • 独自の酵素分解技術でペプチド化。耳鳴りにうれしい成分をしっかり吸収できます。
  • 1日4球で720mgと業界トップクラスの蜂の子含有量。ソフトカプセルだから癖がなくて飲みやすい。
  • ストレスに効果的なギャバをプラス。

価格 通常4,937円
評価 評価5
備考 定期購入で通常4,937円(税込)が617円割引の4,320円(税込、送料無料)
 
 

蜂の子サプリメント

花菜の厳選蜂の子の特徴

お得な特別キャンペーンコースなら初回半額以下でお試し可能!休止・解約自由の定期便!

<<ポイント>>

  • 1日3粒で業界トップクラスの750mgの厳選蜂の子を摂取できる
  • より実感できる3成分⇒クアンソウ・イチョウ葉エキス・ナギイカダエキスを配合
  • 安心安全のGMP工場で生産

価格 通常6,980円
評価 評価4.5
備考 毎月500名限定の定期購入なら初回価格が約57%OFFの2,980円(税別・送料無料)
 
 

蜂の子サプリメントランキング

リアルメイトのハチの子800の特徴

リアルメイトのハチの子800はW特許製法で低分子ハチの子を1日4粒で800mg配合

<<ポイント>>

  • 原料のハチは都心から遠く離れた野山に専用養蜂場を設け、農薬汚染や環境汚染の心配のない環境で育てられた蜂。
  • 独自の2段階酵素分解技術のより吸収しやすい低分子化したハチの子を配合。
  • 医薬品製造基準GMPに準拠した日本国内の工場で製造。だから安心、安全。

価格 通常3,980円
評価 評価4
備考 特別モニター価格500円(税込)