耳鳴りが起こる外リンパ瘻はどうやって治す?

耳鳴りが起こる外リンパ瘻を治すために

 

蜂の子サプリ

外リンパ瘻(がいりんぱろう)は、ほとんど世間では認知されていない疾患ですが、比較的多くの人が罹患している内耳疾患です。

 

大人から子供まで年代や性別に関係なく発症する疾患で、日常の何気ない行動が原因で起こってしまいます。

 

また外リンパ瘻になると耳鳴りも起こりますが、それ以上に平衡感覚に障害が出るといった特徴もあります。

 

そこで今回は外リンパ瘻と耳鳴りの関連性について紹介していきます。特に外リンパ瘻が起きる原因を知ると、誰でも起きる可能性がある事が分かります。

 

また外リンパ瘻の治療法についても解説していますのでご参考ください。

 

外リンパ瘻の詳細

外リンパ瘻についての詳細

 

蜂の子サプリメントランキング

外リンパ瘻の詳細について紹介します。まずはリンパの役目について知っておかなければなりません。

 

外リンパ瘻は外リンパが内耳から中耳に漏出する事によって、内耳の生理機能が傷付く疾患を外リンパ瘻と呼んでいます。

 

内と外リンパは内耳の中を満たす液体であり、それぞれが内リンパ腔・外リンパ腔と呼ばれる場所にに存在します。

 

外から耳に入ってきた音波は空気の振動としてリンパへ伝わり、鼓膜を通って内耳にある蝸牛と呼ばれる部位の蝸牛有毛細胞を刺激し、脳に伝わって初めて音として知覚されるのです。

 

また、リンパの流れは半規管を刺激しながら同時に平衡感覚も司っています。内耳のリンパは聴覚と平衡感覚の両方を保つための働きをしている非常に重要な部位です。

 

リンパが漏れる事によって外リンパ瘻は起こり、内耳が傷ついて音が耳の中で響き続ける耳鳴りや、頭の中がグルグル回るめまいやふらつきで平衡感覚を失ってしまいます。

 

外リンパ瘻で見られる症状

外リンパ瘻で起こる症状

 

外リンパ瘻は中耳と内耳の間の壁に穴が空いてしまい、そこから内耳を流れる外リンパ液が中耳のへ漏れていく症状です。

 

このリンパ液の漏れによって声が聞き取りにくくなる難聴や、頭の中がクラクラして真っ直ぐ歩けなくなる平衡障害といった状態になり、日常生活に影響を与えます。

 

外リンパ瘻で起こる耳鳴り・難聴・平衡障害・めまいといった症状は合併症として扱われます。主症状はリンパ液の漏れですので、これを先に理解しておいてください。

 

また、症状は起こる物によって以下に分別されます。

  1. 蝸牛による症状⇒難聴・耳閉感・耳鳴りだけの場合
  2. 前庭によって起こる症状は症状めまい・平衡障害だけの場合
  3. 蝸牛と前庭症の両方の症状がみられる場合

いう上記の3パターンがあります。

 

蜂の子サプリメントランキング

そして症状の現れ方は全ての人が同じように出るわけではなく個人差がある事が特徴です。また外リンパ瘻の発症時にパチッというポップ音が聞こえるケースもあります。

 

特に耳鳴りと難聴によって音の聞こえに障害が出るので、会話などの音が聞こえにくくなって不都合が出てしまうのです。

 

また、めまいに関しては下を向いただけの時や、頭を軽く動かしただけでも急に気分が悪くなったりします。頭部が少し動くだけでめまいや気分の悪化が起きるほど厄介です。

 

これらの症状ですが、常に発症する訳ではなく突発的に出る事が多く、良くなったり悪くなったりの状態が繰り返されます。

 

病院で検査をする時には症状が全く出ずに、疲れ・ストレス・更年期障害・自律神経障害といった全く違う診断結果が出されるケースも少なくありません。

 

外リンパ瘻が起きる原因

外リンパ瘻で起こる症状

 

外リンパ瘻が起こってしまう原因として以下のケースが考えられます。

  • 内耳と外耳に脆弱な部分が外力の影響を受ける
  • 打撲や骨折などの外傷による影響
  • 内耳の奇形に伴う影響
  • 原因が全く分からないもの

これらの原因が外リンパ瘻を発症する原因として報告されています。

 

蜂の子サプリメント

まず最初に「内耳と外耳に脆弱な部分が外力の影響を受ける」という事ですが、これは日常生活で何気なくやった事によって起こるケースが多いのです。

 

例えば、水中ダイビング・飛行機の気圧変化・スポーツ・くしゃみ・鼻かみ・咳・力み・重い物を持ち上げるといった行動がキッカケとなって、外力に耐えられずに中耳圧もしくは脳脊髄圧の上昇によって壁に穴が空いてリンパが漏れてしまいます。

 

また、内耳炎が発生した時に起こる事がある「内耳窓破裂症」によってリンパ液が漏れるケースもあります。

内耳炎と内耳窓破裂症についてはコチラ

次に「打撲や骨折などの外傷による影響」ですが、起こりやすいのが外傷性外リンパ瘻です。

 

蜂の子サプリメントランキング

日常生活およびスポーツの際に頭部を打撲や骨折した事によって難聴が発生したり、すぐには起きずに時間が経過してから発症するケースもあります。

 

他にも耳掃除をする際に耳かき等の棒状の物を耳の奥へ突っ込んで傷を付けた事で起こるケースもあります。これは「中耳外傷性」と呼ばれ、このパターンも少なくありません。

 

次に「内耳の奇形に伴う影響」ですが、生後約半年で内耳はほぼ完成されます。

 

この時に内耳の形成が不完全となった際に奇形として残ってしまいます。奇形にも以下の複数のパターンが存在します。

  • ミッシェル型⇒内耳の発育が不完全
  • モンディーニ型⇒蝸牛・前庭・半規管が形成不全である
  • シャイベ型⇒蝸牛・球形嚢に変性が見られる物
  • アレクサンダー型⇒蝸牛が形成不全である
  • ビングシーベンマン型⇒前庭が形成不全である

これらの奇形となってしまう事によって、中耳と脳脊髄液腔が交通する外リンパ瘻もあります。

 

最後に「原因が全く分からないもの」ですが、こればかりは検査をしても明確な原因がハッキリしない事があるようです。

 

原因が不明なので、外リンパ瘻に繋がる何らかの症状が発見されていない可能性も考えられます。

 

外リンパ瘻の検査方法

外リンパ瘻で行われる検査の方法

 

蜂の子サプリメントランキング

これまで難聴・耳鳴り・めまいなどの症状が見られ外リンパ瘻を発症している疑いがあった場合、は顕微鏡や内視鏡によって内耳を覗いて確認していました。

 

目視によってリンパ液の漏れを確認するのですが、現代の医学ではさらに正確に検査できるようになりました。

 

その方法は、外リンパだけに存在するタンパク質である「シチジン三リン酸=CTP(CytidineTriphosphate)」を確認する診断方法です。

 

主な内容は、まず鼓膜を切開して中耳に生理食塩水を注入してから一度洗浄します。洗浄する事によって洗浄液の中にCTPが含まれているか?を調べられます。

 

そして洗浄液にCTPが含まれている事が確認できれば外リンパが漏出している事が確定し、外リンパ瘻であると診断できるのです。

 

また他の検査方法として、内耳と中耳のCTスキャンとMRIの画像を比較する事によって外リンパの漏れの確認を行う方法もあります。

 

もしも自分が外リンパ瘻かな?と思った時はすぐに耳鼻科で診察を受けるようにして早めの治療を心がけてください。

 

外リンパ瘻の治療方法

外リンパ瘻で行う治療方法は2つ

 

外リンパ瘻は発症すると自然治癒をする事は残念ながらありません。かならず医療機関にて治療を受ける事が必要となる症状です。

 

そして実際に行われている外リンパ瘻の治療法ですが、薬を使う保存的治療法と、手術による治療法の2つがあります。

 

蜂の子サプリメントランキング

1つ目の保存的治療法ですが、内耳に空いている穴が自然に閉じる可能性が高い場合に選択される方法です。

 

ですが自然に閉じる可能性=自然治癒という意味合いではないので注意してください。その可能性を高めるための治療となり、何も治療を施さなかったら閉じる可能性は0となってしまいます。

 

具体的な治療内容は、リンパ液による内部の圧力を下げる事が目的です。

 

内耳を満たしているリンパ液は脳脊髄液が流れて来る事によって圧力が上がってしまいます。そこで脳脊髄圧を下げるために頭部を約30度に傾けた姿勢を保って安静にします。

 

そしてステロイド薬による投与していきます。ステロイドは内耳の治療に関して最も効果の高い薬となります。

 

2つ目の手術による治療ですが、外リンパ瘻で出た症状が徐々に悪化もおよび症状の内容が変動したりといったケースが起こった場合に行われます。

 

蜂の子サプリメントランキング

そして保存的治療法では治らないと判断した時の最終手段として手術という方法に繋がります。最初は保存的治療法で様子を見るケースが多いのです。

 

具体的な流れですが、手術における入院期間は約3日となります。

 

最初に手術で行うのは中耳と内耳の間まで隅々を観察し、壁に穴が空いていないか?そしてリンパ液が漏れていないか?を確認します。

 

そこでリンパ液の漏れが確認できた場合、瘻孔閉鎖術(ろうこうへいさじゅつ)や内耳窓閉鎖術(ないじそうへいさじゅつ)といった処置を行います。

 

外リンパ瘻で起こる自覚症状は明確ですが、個人差もあるので症状の感じ方は人によって違いますが、手術によって難聴・耳鳴りといった一部の症状は後遺症として残るケースがあります。

 

そのため、手術による治療を行うかどうか?は医師との綿密な相談によって決定するようにしてください。術後のリスクも踏まえたうえでの方法であると理解してください。

 

これらの2つの治療法があるのですが、ご自身の症状によってどちらを選択するかは医師に相談しなければなりません。

 

まずは辛い耳鳴り・めまいといった症状を改善させる事を治療の目的として医療機関で治療を行っていきましょう。

 

外リンパ瘻の予防に蜂の子がおすすめ

外リンパ瘻の予防に蜂の子がおすすめな理由

 

外リンパ瘻は内耳にリンパ液が漏れる事によって引き起こされる症状というのはご理解いただけたと思います。

 

リンパ液の漏れが起こるのは圧力によって耐えられなくなる事が原因ですが、耳鳴りもリンパの圧力によって起こっています。

 

つまり、どちらもリンパ液の圧力を無くせば予防や改善に繋げられるという事なのです。

 

リンパ液の圧力が高まる原因として自律神経の乱れが関係しています。自律神経の乱れでリンパ液の圧力が高くなって内耳を圧迫します。

 

そこで自律神経を整え、リンパ液の圧力を下げる方法として重要なのがトリプトファンと呼ばれる成分の摂取です。

 

蜂の子

トリプトファンは自律神経を調整するセロトニンと呼ばれる成分の元となっており、体内で生成できないので外部から摂取する必要があります。

 

ですがトリプトファンを多く含む食材ばかり食べていると食事が偏ってしまいます。とは言っても耳鳴りを抑えるためにトリプトファンは摂取しなければなりません。

 

そこでトリプトファンを豊富に含む食材である「蜂の子サプリ」の摂取をおすすめします。これなら食事の補助として十分な量のトリプトファンを摂取する事が可能となります。

 

蜂の子サプリなら食後に水で飲むだけなので手間いらずで簡単です。また外部への持ち運びも簡単にできるので外食後や外泊時でもすぐに摂取できます。

 

外リンパ瘻の改善や予防のために蜂の子サプリで定期的にトリプトファンの摂取をおすすめします。

 

そして辛い症状から解放されて気分よく毎日を過ごせる事を祈っています。

 

おすすめの蜂の子サプリはこちら

 
山田養蜂場の酵素パワー蜂の子の特徴

蜂の子サプリメント

蜂の子のタンパク質を酵素のパワーで分解し、摂取しやすくした「山田養蜂場の酵素パワー蜂の子」

<<ポイント>>
  • 厳しい品質基準を満たした蜂の子のみを使用。農薬・抗生物質の検査をクリアしているもののみ使用しているので安心して飲めます。
  • 独自の酵素分解技術でペプチド化。耳鳴りにうれしい成分をしっかり吸収できます。
  • 1日4球で720mgと業界トップクラスの蜂の子含有量。ソフトカプセルだから癖がなくて飲みやすい。
  • ストレスに効果的なギャバをプラス。

価格 通常4,937円
評価 評価5
備考 定期購入で通常4,937円(税込)が617円割引の4,320円(税込、送料無料)
 
 

蜂の子サプリメント

花菜の厳選蜂の子の特徴

お得な特別キャンペーンコースなら初回半額以下でお試し可能!休止・解約自由の定期便!

<<ポイント>>

  • 1日3粒で業界トップクラスの750mgの厳選蜂の子を摂取できる
  • より実感できる3成分⇒クアンソウ・イチョウ葉エキス・ナギイカダエキスを配合
  • 安心安全のGMP工場で生産

価格 通常6,980円
評価 評価4.5
備考 毎月500名限定の定期購入なら初回価格が約57%OFFの2,980円(税別・送料無料)
 
 

蜂の子サプリメントランキング

リアルメイトのハチの子800の特徴

リアルメイトのハチの子800はW特許製法で低分子ハチの子を1日4粒で800mg配合

<<ポイント>>

  • 原料のハチは都心から遠く離れた野山に専用養蜂場を設け、農薬汚染や環境汚染の心配のない環境で育てられた蜂。
  • 独自の2段階酵素分解技術のより吸収しやすい低分子化したハチの子を配合。
  • 医薬品製造基準GMPに準拠した日本国内の工場で製造。だから安心、安全。

価格 通常3,980円
評価 評価4
備考 特別モニター価格500円(税込)