蜂の子成分が老人性難聴を軽減

蜂の子の摂取で老人性難聴が和らぐ

 

老人性難聴は加齢によって60代を過ぎると自覚しやすくなります。

 

自覚しやすい症状として、耳の聞こえの低下ですが、特に高い音が聞き取りにくくなってしまいます。

 

日常会話の中で聞き違いが多くなったり、話しかけた時に曖昧な返事が来たりする事もあり、コミュニケーションがとり辛くなるケースがあります。

 

特に高齢者の家族がいる方はこういった経験があると思います。ですがこれは加齢とともに起こる生理現象の1つなのです。

 

加齢によって老人性難聴が起きていますが、すべての人に難聴が起きるわけではありません。

 

今回は老人性難聴の仕組みと、蜂の子に含まれる成分を活かした予防や改善の方法をご紹介いたします。

 

 

老人性難聴は加齢が原因で起こる症状<

老人性難聴は加齢によって誰でも起こる症状

 

高齢者の難聴には様々な種類があり、それぞれ原因も違ってきます。

  • 耳垢の詰まりによって起こる外耳道閉塞
  • 慢性中耳炎や外耳道炎の病気によって起こる伝音難聴
  • 内耳や聴神経の障害によって起こる感音難聴=老人性難聴

根本的に、難聴が起きるには原因が必ずあり、その原因となる状態を治療すると難聴は改善します。

 

外耳道閉塞や伝音難聴は原因を治療する事で改善できます。

 

ですが老人性難聴は生理現象であり、老化と同様に起きる現象なので根本的に完治するといった事はできません。

 

なぜなら老人性難聴は加齢とともに聴力が衰えてくる状態になりからです。

 

しかし、老人性難聴は進行を遅らせる事はできるので、予防を日ごろから意識する事で聴力の低下を抑えられるようになります。

 

加齢が原因で起こる老人性難聴ですが、進行を遅らせる事で予防と改善に繋げる事ができるようになります。

 

老人性難聴は命にも関わっている

老人性難聴は単に「聞こえないから不便」というだけのものではありません。

 

実は心身の健康および命にも係わっているのです。

 

海外の研究ですが、カナダでは60歳以上の難聴患者3575人を12年間にわたり追跡した結果、難聴による死亡率の増加が報告されています。

 

さらにアメリカでは数百人の難聴患者による調査で、言語聴力の低下と脳機能低下およびアルツハイマーの発症率に関係している事が報告されています。

 

また、日本においては65歳以上の老人性難聴の患者が、鬱病の発症率増加に関係していると報告されているのです。

 

鬱との関係ですが、難聴になって他人と会話のコミュニケーションがとりにくくなり、孤立してしまう気分になるからです。

 

そして徐々に人との関わりを避けるようになってしまい、1人きりの時間が増え、家に引きこもって日常生活の活動量が低下して鬱病になりやすくなります。

 

高齢者は老人性難聴がキッカケで生活に影響が出て、うつ病などの病気に繋がっています。

 

会話が困難になる老人性難聴が起こる事で、鬱病や命に係わる事があるというのを知っておいてください。

 

難聴のある高齢者との会話のコツ

難聴のある高齢者と話す時に気を付ける事

 

難聴が起きている高齢者の方とスムーズに会話するにはコツがあります。

 

難聴を患っている高齢者は会話を認識しにくい状態なので、高音や早いリズムの会話は聞き取りにくいという前提で話してあげてください。

 

悪気があって聞き返したりするわけではないので、決して怒らずに優しく話しかける事を意識していきましょう。

 

高齢者と話す時は低めの声でゆっくりと話していき、単語ごとに聞き慣れている分かりやすい言葉を選んでいくようにしてください。

 

また、口元で何を話しているのかを伝えやすくするため、マスクの装着はしないようにしてください。

 

人によっては右耳と左耳で聞こえ方に差が出るケースもあるので、聞き取りやすい方向から話しかけるようにしていきましょう。

 

以下に会話を伝えやすくするポイント10個をまとめました。

【伝えやすくなる10個のポイント】

  1. 相手の近くで対面で話す
  2. 口を大きめに開けて話す
  3. 大きめでゆっくりと話す
  4. イントネーションは崩さないようにする
  5. 文節で区切って話す
  6. 分かりやすい表現で話す
  7. 聞き取れない場合は言い方を変えて話す
  8. 言い直す時は文章にして話す
  9. 聴取がよくない人には身振りを使って話す
  10. 重要な事を伝える場合は筆談を行う

これらのポイントを意識しながら会話すると、きちんと伝える事ができるようになります。

 

もし話す相手が耳が遠いからと大きな声で話す事は、話す人の精神的・肉体的に消耗してしまうので気を付けてください。

 

相手が聞こえない事に対してイライラして怒鳴るように話すと、聞く側は起こられているように感じてしまい萎縮するので注意しましょう。

 

会話が通じない事でイライラするのは誰もが感じる事ですが、考え方をちょっと変えて、どうやったら伝わるようになるか?を考えていくと良いでしょう。

 

こういった場合、新聞や広告などの紙を丸めてメガホン状にしたものや、介護用で蛇腹形状のもしもしフォンなどを使用すると話す側のイライラも軽減できます。

 

高齢者で難聴の方との会話のポイントをおさえて話すと、コミュニケーションが取りやすくなるので、是非ともお試しください。

 

老人性難聴の予防に蜂の子の摂取を

老人性難聴の予防に取り入れたい蜂の子

 

老人性難聴は生理現象で起こる症状ですが、予防する事で遅らせる事は可能です。

 

そのためには難聴になる原因である耳の中にある蝸牛と有毛細胞の状態を健康に保つ事が必要です。

 

蝸牛にある音を感じ取る重要な部位である有毛細胞を良い状態に保つことが最大の予防に繋がります。

 

有毛細胞は音を電気信号に変換し脳に伝える役目を担っていますが、大きな音を聞きつづけるとダメージを受けて機能低下を起こします。

 

そこで有毛細胞を守り、難聴の予防に必要な成分がトリプトファンです。

 

トリプトファンは蝸牛および有毛細胞の働きを維持するために必要なリンパ液を調整する重要な成分なのです。

 

そしてトリプトファンは耳鳴りの原因となる自律神経の乱れを整える効果もあり、耳鳴り予防や改善にも役立ちます。

 

日常でトリプトファンを摂取し続ける事と有毛細胞を出来るだけ傷つけない事が老人性難聴の予防策となります。

 

トリプトファンは日常の食事から出も摂取できますが、1日に必要なトリプトファンを含んだ食材を揃えるのに費用がかかり高騰してしまうでしょう。

 

1日に必要なトリプトファンの量は体重1キロにつき4mgが必要なので、仮に体重50キロですと200mgとなります。

 

老人性難聴の予防で毎日トリプトファンを摂取するために食材を揃えるとメニューが偏り、似たような物ばかり食べるので食事が楽しくなくなってしまいます。

 

そこでトリプトファンを一番多く含む蜂の子の摂取をおすすめします。

 

蜂の子はトリプトファンだけではなく、ビタミンやミネラルも多く含んでおり健康維持に必要な栄養素を豊富に含んでいるのです。

 

ですが、独特の見た目と味に癖があるので食べにくく感じる方もいます。そこで蜂の子を加工し、粉末状にして固めたサプリメントが良いでしょう。

 

蜂の子サプリの費用も1ヶ月で4000円前後なので食材を揃えるよりも安く済みますし、外食時や外泊時でも簡単に持ち運べるので欠かさず飲む事ができます。

 

食事の補助に水で飲むだけでトリプトファンを簡単に摂取できる蜂の子サプリメントを難聴予防にお役立てください。

 

家族との会話を聞き取りやすくして、コミュニケーションが取れる楽しい毎日を手に入れましょう!

 

そして以下におすすめの蜂の子サプリメントをご紹介させていただきます。

 

 
山田養蜂場の酵素パワー蜂の子の特徴

蜂の子サプリメント

蜂の子のタンパク質を酵素のパワーで分解し、摂取しやすくした「山田養蜂場の酵素パワー蜂の子」

<<ポイント>>
  • 厳しい品質基準を満たした蜂の子のみを使用。農薬・抗生物質の検査をクリアしているもののみ使用しているので安心して飲めます。
  • 独自の酵素分解技術でペプチド化。耳鳴りにうれしい成分をしっかり吸収できます。
  • 1日4球で720mgと業界トップクラスの蜂の子含有量。ソフトカプセルだから癖がなくて飲みやすい。
  • ストレスに効果的なギャバをプラス。

価格 通常4,937円
評価 評価5
備考 定期購入で通常4,937円(税込)が617円割引の4,320円(税込、送料無料)
 
 

蜂の子サプリメント

花菜の厳選蜂の子の特徴

お得な特別キャンペーンコースなら初回半額以下でお試し可能!休止・解約自由の定期便!

<<ポイント>>

  • 1日3粒で業界トップクラスの750mgの厳選蜂の子を摂取できる
  • より実感できる3成分⇒クアンソウ・イチョウ葉エキス・ナギイカダエキスを配合
  • 安心安全のGMP工場で生産

価格 通常6,980円
評価 評価4.5
備考 毎月500名限定の定期購入なら初回価格が約57%OFFの2,980円(税別・送料無料)
 
 

蜂の子サプリメントランキング

リアルメイトのハチの子800の特徴

リアルメイトのハチの子800はW特許製法で低分子ハチの子を1日4粒で800mg配合

<<ポイント>>

  • 原料のハチは都心から遠く離れた野山に専用養蜂場を設け、農薬汚染や環境汚染の心配のない環境で育てられた蜂。
  • 独自の2段階酵素分解技術のより吸収しやすい低分子化したハチの子を配合。
  • 医薬品製造基準GMPに準拠した日本国内の工場で製造。だから安心、安全。

価格 通常3,980円
評価 評価4
備考 特別モニター価格500円(税込)