聴神経腫瘍に蜂の子成分は有効なのか?

聴神経腫瘍の改善に蜂の子成分は役立つ?

 

聴神経腫瘍は名前通り、聴神経に出来る腫瘍の事です。

 

耳の聞こえに関する神経なので、腫瘍が出来る事によって様々な耳のトラブルが出てしまいます。

 

耳鳴りや難聴が起きる事が多いのですが、有効成分として効果のある蜂の子が聴神経腫瘍の改善に役立つか?をご紹介します。

 

そして聴神経腫瘍について解説していきますので、是非ともご参考ください。

 

以下に聴神経腫瘍についての情報をまとめました。

 

 

聴神経腫瘍は良性腫瘍だが悪影響が出る

聴神経腫瘍が巨大化すると様々な自覚症状が出始める

 

聴神経腫瘍は良性の腫瘍ですが、場所によっては命に係わるケースがあります。

 

また、聴神経鞘腫(ちょうしんけいしょうしゅ)とも呼ばれています。

 

この腫瘍はシュワン細胞と呼ばれ、末梢神経細胞の軸索を取り囲む神経膠細胞です。

 

腫瘍は聴神経がある、主に小脳と脳幹の隙間にある膜から発生し、徐々に成長して巨大化していきます。

 

この隙間には聴神経・三叉神経・顔面神経・舌咽神経・迷走神経・外転神経などが存在し、腫瘍が大きくなる事で神経を圧迫して体に障害が出てしまいます。

 

腫瘍自体の成長速度は非常に遅く、年間で1〜2mm程度の増大ペースです。

 

神経が圧迫され始めてから、自覚症状が出るまでは腫瘍の成長速度によって変わります。

 

また腫瘍の成長は個人差があるので、全ての人が遅いわけではなく、急激に腫瘍が大きくなり始める人もいます。

 

聴神経腫瘍は家族で遺伝的に発症するケースがあり、神経線維腫症になる可能性も考えられます。

 

この場合は家族も同時に検査を受けた方が良いでしょう。

 

聴神経腫瘍による体への影響は?

聴神経腫瘍による影響は難聴やめまいなど

 

聴神経腫瘍がそろぞれ神経を圧迫する場所によって自覚症状が違ってきます。

 

もし、めまいの発作が繰り返し起こる場合は聴神経腫瘍の可能性が高いと考えられるでしょう。

 

特に多くみられる傾向にあるのが、聴力低下です。会話が聞き取りにくくなる難聴が主な症例です。

 

他にも耳鳴りが起こる事もあり、耳に関するトラブルが複数起きる事もあるのです。

 

ですが、聴神経腫瘍による圧迫は痛みを感じるものではなく、徐々に聴力の低下が始まって行き、進行と同時にめまいやふらつきが起きるようになります。

 

腫瘍が聴神経を圧迫し始めると、腫瘍が出来た側は耳の聞こえが悪くなってしまいます。

 

特に家族との会話や電話の声が聞き取りにくくなり、日常生活に必要なコミュニケーションに影響が出ます。

 

加えて、真っ直ぐ歩けなくなるといった歩行障害や突然気分が悪くなるケースも報告されています。

 

さらに腫瘍による神経圧迫の影響として、顔面麻痺・顔面の痺れ・嚥下障害なども起きる可能性があります。

 

他にも腫瘍が大きくなることにより脳脊髄液がせき止められ、脳に脊髄液が溜まって水頭症という病気も併発するケースもあります。

 

水頭症によって他の神経を圧迫してしまい、上記の様々な機能障害が起きる事もあるので腫瘍の改善治療は早めに行ってください。

 

腫瘍が小脳と脳幹の隙間にある神経の何を圧迫するかで症状は違ってくる事を覚えておいてください。

 

聴神経腫瘍の治療で行われる方法は?

聴神経腫瘍の治療は3段階で行われている

 

聴神経腫瘍の治療には以下の3つの方法があります。

  1. 経過観察
  2. 定位的放射線
  3. 外科手術

この3つの方法が腫瘍の状態によって選択されます。これは腫瘍の大きさによって対処が変わって来るからです。

 

聴神経腫瘍で行われる治療は基本的に1の経過観察から入ります。

 

MRIで腫瘍の状態を確認し、医師と話し合って自覚症状の確認を行い、経過観察を行います。

 

2の定位的放射線による治療は、主にガンマナイフと呼ばれる方法が行われます。

 

腫瘍に対して放射線を浴びせる方法ですが、入院する必要が無く通院で行えるので治療費の負担が入院と比較して少なく済みます。

 

また放射線の効果により、個人差はありますが数年単位で腫瘍の巨大化をおさえ、改善の兆候が見られるケースが多く報告されています。

 

しかし、腫瘍によっては放射線を浴びせているにも関わらず巨大化が進行するケースも少数ですが報告されています。

 

こうなった場合は摘出手術を行う以外に改善方法はありません。

 

3の外科手術を行う一般的な基準として、腫瘍の大きさが3センチを超えた場合のみ行われます。

 

その理由は、腫瘍の大きさが3センチを超えると神経への圧迫が強くなってしまい、定位的放射線を行っても効果が見られないからです。

 

こうなると早期に腫瘍を摘出する事が望ましい状態で、摘出手術を行う場合は入院期間としては手術込で約10〜14日程度となります。

 

ただ、手術を行う事によるリスクもあります。

 

医師の技術が必要な手術ですので、もし摘出の最中に神経に傷が入ってしまうと脳神経の損傷・聴神経の損傷・顔面神経の損傷などが後遺症として残る可能性があるのです。

 

そこで手術を前提に治療を行うのであれば、聴神経腫瘍の手術経験が豊富な医師に行ってもらうのが安心です。

 

手術を行って腫瘍の摘出を行う事で神経への圧迫が無くなり、難聴・めまい・ふらつきといった症状も改善されます。

 

聴神経腫瘍の予防と改善に蜂の子は効果ある?

蜂の子は聴神経腫瘍の改善に役立つ?

 

聴神経腫瘍によって起こる難聴や耳鳴りの予防や改善に蜂の子は効果あるのか?

 

結論から言えば蜂の子は聴神経腫瘍の予防・改善に効果はありません

 

これは腫瘍の起こる原因が遺伝もしくは遺伝子の変異が考えられます。

 

もし自律神経の乱れによって腫瘍ができるのであれば、蜂の子の摂取による効果が得られる可能性は高いでしょう。

 

ですが遺伝によるものであり、自律神経が関係していないので蜂の子の摂取による予防・改善は効果は期待できません。

 

根本的な原因が違っている物に対し、有効成分を摂取しても意味がありません。

 

聴神経腫瘍の改善を行うには耳鼻科へ行くのが一番安心でしょう。検査を行い、医師の診察を受けて正しく治療する事が完治への近道です。

 

病院で治療を行う事で難聴や耳鳴りが改善されて耳のトラブルから解放されるでしょう。

 

蜂の子は精神的ストレスによって起きる自律神経の乱れに対して改善効果を持っています。

 

もしも日常生活でストレスを感じて耳鳴りや難聴が起きたら蜂の子を摂取してください。

 

おすすめの蜂の子サプリはこちら

 
山田養蜂場の酵素パワー蜂の子の特徴

蜂の子サプリメント

蜂の子のタンパク質を酵素のパワーで分解し、摂取しやすくした「山田養蜂場の酵素パワー蜂の子」

<<ポイント>>
  • 厳しい品質基準を満たした蜂の子のみを使用。農薬・抗生物質の検査をクリアしているもののみ使用しているので安心して飲めます。
  • 独自の酵素分解技術でペプチド化。耳鳴りにうれしい成分をしっかり吸収できます。
  • 1日4球で720mgと業界トップクラスの蜂の子含有量。ソフトカプセルだから癖がなくて飲みやすい。
  • ストレスに効果的なギャバをプラス。

価格 通常4,937円
評価 評価5
備考 定期購入で通常4,937円(税込)が617円割引の4,320円(税込、送料無料)
 
 

蜂の子サプリメント

花菜の厳選蜂の子の特徴

お得な特別キャンペーンコースなら初回半額以下でお試し可能!休止・解約自由の定期便!

<<ポイント>>

  • 1日3粒で業界トップクラスの750mgの厳選蜂の子を摂取できる
  • より実感できる3成分⇒クアンソウ・イチョウ葉エキス・ナギイカダエキスを配合
  • 安心安全のGMP工場で生産

価格 通常6,980円
評価 評価4.5
備考 毎月500名限定の定期購入なら初回価格が約57%OFFの2,980円(税別・送料無料)
 
 

蜂の子サプリメントランキング

リアルメイトのハチの子800の特徴

リアルメイトのハチの子800はW特許製法で低分子ハチの子を1日4粒で800mg配合

<<ポイント>>

  • 原料のハチは都心から遠く離れた野山に専用養蜂場を設け、農薬汚染や環境汚染の心配のない環境で育てられた蜂。
  • 独自の2段階酵素分解技術のより吸収しやすい低分子化したハチの子を配合。
  • 医薬品製造基準GMPに準拠した日本国内の工場で製造。だから安心、安全。

価格 通常3,980円
評価 評価4
備考 特別モニター価格500円(税込)