耳鳴りの原因となっているもの

耳鳴りの原因は何かの病気のサイン

 

蜂の子サプリメントランキング

耳鳴りが起きている状態は体の異常が起きているサインでもあります。

 

「キーン」「ジー」「ボー」など周りの人には聞こえない音が自分だけ聞こえてきた場合、それは耳鳴りです。

 

すぐに聞こえなくなる場合は気圧の変化によるもので特に心配する必要はないのですが、長く続くと生活に支障をきたしてきてしまいます。

 

単純に耳だけが悪いと思うのは間違いで、耳鳴りを起こす人は必ず体のどこかに原因となっている異常があるのです。

 

それは身体的な物と精神的な物の2つの面で考えなければなりません。それだけ耳鳴りの原因を特定するのは難しいと言えます。

 

必ず何らかの原因があって耳鳴りという形で現れるのです。そして放っていくといずれ体のどこかが壊れてしまいます。

 

聴力を失ったり、平衡感覚を失ったりと様々な体の異常に繋がるので、早めの対策と治療が望まれます。

 

今回は耳鳴りが起きる原因について紹介していきますので、もし該当する事がある場合は早目に病院へ行って検査を行うようにして下さい。

 

耳鳴りを起こす症状

耳鳴りを起こす原因となる症状

 

耳鳴りを起こす可能性がある症状を以下に纏めました。

病気が出る場所

病気の名前

外耳部分

耳垢栓塞・外耳道炎・外耳道狭窄・外耳道異物

中耳部分

耳管狭窄症・耳管開放症・滲出性中耳炎・鼓膜穿孔・急性および慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎・耳小骨離断・耳硬化症・鼓室硬化症・中耳奇形

内耳部分

メニエール病・突発性難聴・騒音性難聴・音響外傷・内耳性難聴・老人性難聴・ラムゼイハント症候群

聴神経・中枢・聴覚路

聴神経腫瘍・脳梗塞・脳出血

その他

心因性(ストレス)・更年期障害・薬物障害

耳鳴りはこれらの症状によって起こると考えられています。

 

耳鳴りで行う検査

耳鳴りの原因特定で行う検査内容

 

耳鳴りの大元の原因を特定するためには必ず検査を行います。

 

病院で行う検査の種類は以下の物です。

  • 聴力検査
  • 耳鳴りおよび苦痛度の問診票
  • 耳のエックス線検査
  • CTスキャン
  • MRI

聴力検査では左右もしくは両方の聞こえ方をチェックします。

 

耳鳴りは片方だけ起こる場合と両方で起こる場合で原因が違ってくるからです。

 

耳鳴りおよび苦痛度の問診票は自覚症状を記入していきます。多くの項目があり、該当するものをチェックする流れです。

 

まず初めに問診票の記入を行うのはどの病院も同じです。

 

エックス線検査は耳の周りの骨に異常がないかを調べるために行います。外傷を受けて耳鳴りが起きた場合などです。

 

CTスキャンとMRIは耳や脳の原因に探るのに必要です。中には脳腫瘍が発見されたり重篤な疾患が見つかるケースもあります。

 

これらの検査によって耳鳴りを起こしている原因を探していきますが、中には全く体に異常が見られない事もあります。

 

この場合は精神的ストレスによる原因だと考えられ、自律神経の乱れが起きている可能性があります。

 

耳鳴りの治療

耳鳴りの治療で行われる方法は?

 

最初に説明して理解していただくことがあります。まず完全に耳鳴りを無くすことはできません。これは体の構造上できないのです。

 

そして耳鳴りの時に治療を行う目的ですが、耳鳴り音の軽減と緩和となります。

 

治療方法ですが原因となる病気によって対処は変わってきます。まずは原因である疾患を特定し、医師の指示で治療を行ってください。

 

しかし、病気が見つからず原因が不明な場合、精神的ストレスによって起こる自律神経の乱れが考えられます。

 

自律神経失調症により交感神経が過敏になることで内耳や中耳から脳への血液の流れが悪くなり、音を脳へと伝える機能が低下して耳鳴りが起こるのです。

 

また、身体のゆがみからも自律神経失調症は起こります。パソコンにかじりついて何時間も仕事していること自体がゆがみを生じさせ、そして耳鳴りの原因へとつながるのです。

 

自律神経は呼吸や血液循環・消化吸収・排泄などさまざまな人間が生きていくために必要な、しかし意識してコントロールできず無意識で動くそんな機能に関係しています。

 

対処としては自律神経の乱れを改善する事で耳鳴りが収まるケースがほとんどです。

 

自律神経は交感神経と副交感神経とがあるのですが、これらがバランスよく活動していればいいのですが、一方が優位な状態が続きすぎると身体の不調を招くのです

 

昼間の明るい時は活発に行動する為に交感神経が優位になり、副交感神経は活動を抑えています。

 

逆に夜になると静かに過ごす為に副交感神経が優位になって交感神経は活動を抑えて体を休めて回復させていきます。

 

ストレスを溜めた状態は正常なサイクルが乱し、常に緊張状態で交感神経がずっと優位な状態となり、夜なのに交感神経が優位になりっぱなしの状態で眠る事が出来なくなってしまいます。

 

就寝中でも身体が活動を続けるので熟睡できず休息をとることもできません。体温や血圧・血糖などの調節もうまく行かず様々な障害が引き起こされます。

 

さらに免疫力も低下し、身体が付かれきった状態なので病気になりやすい身体になってしまいます。

 

重度のストレスとなると、うつ病など発症する可能性もあり危険です。医師を診断し、抗不安薬やホルモン剤など薬物治療を行なったり、カウンセリングなど心理療法をすることになる場合もあります。

 

また内耳にある蝸牛のリンパ液の調節が効かなくなり、膨らんで神経を圧迫する事で耳鳴りが起きはじめます。

 

自律神経はストレスが溜まる事によって徐々に変調をきたします。まずはストレスの原因となる根本を解決しなければなりません。

 

そして自律神経のサイクルを整えて正常化させる事で耳鳴りを解消できるようになるでしょう。

 

自律神経を整える有効成分

自律神経を整えるために必要な成分はセロトニンです。

 

セロトニンは精神の安定や睡眠時に必要な神経伝達物質ですが、これが不足すると交感神経がずっと優位になってしまい、耳鳴りが起きてしまいます。

 

また、同様に睡眠ホルモンであるメラトニンという成分が不足すると不眠症になってしまい、体調不良を引き起こします。

 

そこでセロトニンやメラトニンを増やす必要があります。ですがセロトニンを増やすために必要な成分は体内で作り出す事は出来ないので外部から取り入れる必要があります。

 

セロトニン生成に必要な成分はトリプトファンです。トリプトファンは必須アミノ酸の1種であり、人間の体には絶対必要な成分です。

 

トリプトファンを補給しなければセロトニンやメラトニンは生成できません。自律神経を整えるためには外部からトリプトファンを摂取する必要があります。

 

トリプトファンを含む食材は様々ですが、一番多く含まれている食材は「蜂の子」です。クロスズメバチの幼虫で必須アミノ酸やビタミン類を豊富に含んでいます。

 

蜂の子を効率よく摂取するにはサプリメントがおすすめです。食事の補助として飲む事で確実にトリプトファンを補給する事ができるようになります。

 

辛い耳鳴りを解消するためにも蜂の子を摂取して自律神経を整えていきましょう。

 

 
山田養蜂場の酵素パワー蜂の子の特徴

蜂の子サプリメント

蜂の子のタンパク質を酵素のパワーで分解し、摂取しやすくした「山田養蜂場の酵素パワー蜂の子」

<<ポイント>>
  • 厳しい品質基準を満たした蜂の子のみを使用。農薬・抗生物質の検査をクリアしているもののみ使用しているので安心して飲めます。
  • 独自の酵素分解技術でペプチド化。耳鳴りにうれしい成分をしっかり吸収できます。
  • 1日4球で720mgと業界トップクラスの蜂の子含有量。ソフトカプセルだから癖がなくて飲みやすい。
  • ストレスに効果的なギャバをプラス。

価格 通常4,937円
評価 評価5
備考 定期購入で通常4,937円(税込)が617円割引の4,320円(税込、送料無料)
 
 

蜂の子サプリメント

花菜の厳選蜂の子の特徴

お得な特別キャンペーンコースなら初回半額以下でお試し可能!休止・解約自由の定期便!

<<ポイント>>

  • 1日3粒で業界トップクラスの750mgの厳選蜂の子を摂取できる
  • より実感できる3成分⇒クアンソウ・イチョウ葉エキス・ナギイカダエキスを配合
  • 安心安全のGMP工場で生産

価格 通常6,980円
評価 評価4.5
備考 毎月500名限定の定期購入なら初回価格が約57%OFFの2,980円(税別・送料無料)
 
 

蜂の子サプリメントランキング

リアルメイトのハチの子800の特徴

リアルメイトのハチの子800はW特許製法で低分子ハチの子を1日4粒で800mg配合

<<ポイント>>

  • 原料のハチは都心から遠く離れた野山に専用養蜂場を設け、農薬汚染や環境汚染の心配のない環境で育てられた蜂。
  • 独自の2段階酵素分解技術のより吸収しやすい低分子化したハチの子を配合。
  • 医薬品製造基準GMPに準拠した日本国内の工場で製造。だから安心、安全。

価格 通常3,980円
評価 評価4
備考 特別モニター価格500円(税込)