蜂の子に含まれるアミノ酸の役目

蜂の子に含まれるアミノ酸の重要な役目

 

アミノ酸を多く含む食材として注目されているのが「蜂の子」です。

 

蜂の子は主に耳鳴りで悩む方向けにおすすめの食材であり、アミノ酸と必須アミノ酸を多く含んでいます。

 

特に耳鳴りの原因となる自律神経を整える成分であるトリプトファンを豊富に含んでいます。

 

さらにアミノ酸は人間の生命活動においても欠かす事の出来ない成分なのです。

 

今回は人間の体に欠かせないアミノ酸についての知識をご紹介いたします。

 

 

アミノ酸はそもそも何なの?

アミノ酸は何に必要な物なのか?

 

アミノ酸は人間の体を構成する物質であり、全体の約20%がアミノ酸でできています。

 

人間の体の構成比率ですが、水分60%・アミノ酸20%・脂肪15%・糖質やその他5%の割合となっており、アミノ酸は全体の5分の1を占めています。

 

アミノ酸は体内でタンパク質を製造する原料であり、複数のアミノ酸が繋がる事でタンパク質に変わって体の各部位に送られていきます。

 

タンパク質は、髪の毛・筋肉・骨・内臓・血液などの体の構成に関わっているので絶対に欠かせない成分であり、生命活動に欠かせません。

 

また、タンパク質に変わるアミノ酸は全部で20種類あり、それぞれの組み合わせ方で約10万種類のたんぱく質が構成されます。

 

地球上に存在する全ての生き物にアミノ酸が関わっており、命ある生物は全てアミノ酸無しでは生きていけません。

 

そして食事で摂取されたタンパク質は、胃や腸の中でアミノ酸に分解され体内に吸収されていきます。

 

吸収されたアミノ酸は血液によって全身の細胞に運ばれていき、アミノ酸同士が結合して再びタンパク質へと変化します。

 

さらにアミノ酸がタンパク質に変わるときはDNAが関わっており、アミノ酸の繋がる順番をDNAが決めています。

 

なので人間は人間のアミノ酸の配列があり、他の生物にもそれぞれ特有の配列があるのです。

 

アミノ酸は日常で必ず摂取しなければならない成分であるという事を覚えておいてください。

 

アミノ酸の摂取で得られる効果

アミノ酸の摂取で得られる体への効果は何?

 

アミノ酸の摂取は日常で行わなければならない事ですが、では摂取する事でどのような効果が得られるのでしょう?

 

以下にまとめてみました。

  • スポーツ時における持久力の向上
  • 肌や髪への美容効果
  • 免疫強化による健康維持

主に上記の3つがアミノ酸の摂取によって得られるメリットです。

 

では以下で1つずつ解説していきます。

 

スポーツ時における持久力の向上

まず1つ目の「スポーツ時における持久力の向上」です。

 

スポーツを行うと体の熱が高まってエネルギーを消費していきます。この時にカロリーが消費されていきます。

 

同時に体内にあるアミノ酸も、傷んだ筋肉の修復などによって減少していきます。この時に疲れやすくなってしまいます。

 

「疲れ=パフォーマンスの低下」に繋がり、序盤は良い動きが出来ても後半には疲れて思い通りに動けない事が起こります。

 

そこでスポーツを行う30分前にアミノ酸を摂取しておくと、体が疲れにくくなってパフォーマンスの維持できる時間が長くなります。

 

アミノ酸はスポーツの前後に摂取すると体が疲れにくくなったり、回復を早める事ができるようになります。

 

肌や髪への美容効果

2つ目の「肌や髪への美容効果」です。

 

特に女性は肌の状態を綺麗に保ちたいという思いが強いでしょう。そんな時にアミノ酸の摂取をおすすめします。

 

アミノ酸は保湿を行うのに欠かせない成分であり、保湿を行うのは皮膚の役目です。

 

そして皮膚の中にある角層と呼ばれる部位に水分がどれだけあるのか?で肌の潤いに差が出てきます。

 

角層で水分をキープするために必要なのがアミノ酸です。肌の保湿を行うために必要な因子の半分がアミノ酸であり、残り半分はグルタミン酸から作られるピロリドンカルボン酸です。

 

また、髪の毛のキューティクルケアにもアミノ酸が必要で、肌と同様に保湿がどれくらいできるか?によって状態が変わってきます。

 

アミノ酸が不足している状態の髪の毛はキラキラした艶が失われており、さらには乾いてパサパサしているのです。これはキューティクルが損傷しており髪の毛自体が傷んでいるのです。

 

髪の毛は艶が有り、サラサラしているのが一番良い状態です。日頃の美容およびヘアケアにアミノ酸の摂取を心がけていきましょう。

 

免疫強化による健康維持

3つ目の「免疫強化による健康維持」です。

 

アミノ酸が最も必要とされるのが生命活動の維持を行う為です。もし不足してしまった場合、生命にも関わってきます。

 

免疫力の低下を招く事となり、病気になりやすくなったり、疲れやすくなってしまいます。

 

1日に必要なアミノ酸はタンパク質の量に置き換えます。12歳以上で1日50gが推定される摂取量となります。

 

先ほど紹介したようにアミノ酸はタンパク質に合成に欠かせない成分であり、毎日欠かさず摂取する必要があります。

 

タンパク質は毎日合成と分解を行っており、生命活動の維持には欠かせません。そして毎日の食事から摂取していく必要があります。

 

タンパク質を作り出すアミノ酸の20種類のうち、11種類は他のアミノ酸を利用して作り出す事ができますが、残り9種類は体内で合成する事ができない物となります。

 

この9種類の事を「必須アミノ酸」と呼んでおり、食事などの外部から摂取するしか方法がありません

アミノ酸11種⇒グリシン・セリン・グルタミン・チロシン・グルタミン酸・アラニン・プロリン・システイン・アスパラギン・アスパラギン酸・アルギニン

 

必須アミノ酸9種⇒バリン・リジン・ヒスチジン・ロイシン・メチオニン・トリプトファン・スレオニン・フェニルアラニン・イソロイシン

タンパク質には動物性と植物性の2種類がありますが、必須アミノ酸を多く含んでいるのは動物性タンパク質です。

 

また人間のタンパク質と動物性はよく似ており、エネルギー効率の面で見ても動物性は植物性よりも優位です。

 

植物性タンパク質でも必須アミノ酸は摂取できますが、食材によってはリジンやメチオニンといった一部の成分が充分に摂取できないケースもあります。

 

アミノ酸の摂取量が不足した状態が続くとタンパク質の不足となり、免疫力の低下を引き起こすのです。

 

そして栄養不足で肌荒れが起きたり、ちょっと動いただけで疲れやすくなるといった症状が出てきます。

 

また筋肉の機能も低下し、同様に内臓の機能も低下してしまいます。つまり体にとっては何一つ良い事はありません。

 

日常の食事で1日に必要なアミノ酸の摂取を欠かさず行っていきましょう。